第104回目(4/4) 渡邊 奈都子 先生 メンタルオーガナイズ

コントロールされない・コントロールしない、というスタンスが大事

インタビュー写真

「自分の機嫌をうまく取るコツはありますか?」

機嫌の悪い人が好きな人はいないですよね。だから、自分の機嫌が良い時と悪い時で、周りの人間関係に与える影響がどう違うかも、実は私達はわかっているんじゃないでしょうか。機嫌を良くしておかないといけないとは言いませんが、自分の機嫌をどう取るかというのは、最終的にはどういう自分でありたいかってことに繋がると思うんです。

ポジティブ心理学のプラクティショナーという資格を取ったのですが、ポジティブ心理学の研究結果から言うと、普段の生活においてポジティビティを増やしておいた方が、簡単にいうと機嫌良く暮らしている人の方が、逆境には強いということがわかっています。

「ポジティビティを増やす?」

私達の人生には、ネガティブな要素もポジティブな要素もあります。ネガティブなことが減ったり無くなったりしないと、ポジティブになれないと考えている人がいるかもしれませんが、ネガティブなことがあってもポジティビティは増やせるんです。ポジティビティとは、いわゆる肯定的感情のようなものです。

ネガティブなことも私達の人生には時々あるけれど、それと自分のポジティビティが増えないのは比例していない。このことがあったら私は幸せになれない、こういう経験をしたらもう私は不幸のままとか、そうではなくて、普段のポジティブ感情を増やすことはいつからでもできるんです。

ポジティブ感情を感じる度合いが高い方が、逆境になった時に回復力があるというデータが出ているそうです。だから日頃の欲求充足度、何か感謝できることとか、希望を見つけることとか、いわゆる自分で自分を元気にするようなことをどれくらいしているか、考えられているか、という取り組みが、いざという時にとても支えになるのです。

嫌なことに対処するというよりも、普段の自分の生活を何で埋めたいかということでしょうか。それが、自分自身の機嫌を自分で取るということになりますね。

「それも自分の選択ですね?」

そうですね。選択する自由っていうのを与えられているから、究極は自己決定ですよね。

「わざわざ被害者スタンスに入っていく人もいますよね?」

それってきっと、何かを達成してるんだと思うんですよ。全ての行動には目的があると考えると、それで得られているものを別の形で得られるようなことを学ばない限りは多分手放せないですよね。知らないことはできないので。

選択理論の創始者、故ウィリアム・グラッサーが講演の中で「喫煙をしている人に喫煙がどんなに害があるかということを説明してもその人は禁煙しない。喫煙という道と禁煙という道の2つがありますと道を示しただけでも不十分。禁煙という道が喫煙という道に比べてどれほど役に立つかだけでなく、その人にとっていかに魅力的なものであるかを知り得ない限り禁煙しない」と話していたんです。

本当にその通りだなと思います。そう聴いたら皆わかるのに、大体が「それやってるとダメだよ」みたいな、説得に入るんですよね。家族は特にそうしがち。心配だからこそ、コントロールしたくなってしまうのでしょう。

「プラス面を知らないとモチベーションは上がらないですよね?」

そうです。私達は内側から動機付けられる存在なので、周囲から脅されたり批判されたりすることではやる気は起こりません。

選択理論の中では動機付けの源は基本的欲求だと説明しているんですけど、やっぱり自分が遺伝子の指示を持って生まれた存在だということは、いろいろなところで実感していると思うんですよ。欲求のことを知らなくても、何かに駆り立てられて行動したくなる経験はしているだろうし、欲しいものが得られたら気分はいいし、逆に満たされていないと気分は悪いでしょう。

元々遺伝子の指示として備わっているものは変えられないけれど、私達がそれをどうやって生活の中で満たしていくのかということは選んでいけます。効果的でない満たし方を学んで使い続ければ、やがて問題が起きてきたりもしますが、そうしたらまた満たし方の行動を変えればいいんです。

機嫌が良い人とか幸せな人になる道も実はいっぱいあって、どういうことが自分の目指す機嫌が良い人なのか幸せなのかはその人が選ぶことができたら良いかなと思います。


インタビュー写真


「機嫌悪く生きることを選んでいる人が身近にいた時に、かけてあげられる言葉はあるでしょうか?」

ないですね(苦笑)。すみません。機嫌悪く生きることを選んでいる人に対して、仮にそれが励ましだろうが慰めだろうが、もし相手をコントロールする意図があれば効果はないでしょう。一番日常的に起こりがちなのは、機嫌が悪い人がいた時に、それに影響されてこちらも機嫌の悪さで対抗しようとするパターンですが、それももちろん効果はありません。

コントロールされない、コントロールしない、というスタンスが大事です。無視するとかではないけれど、自分がその影響を被らない。矢が飛んで来た時にはヒョイとかわして、自分の機嫌をキープすることに努める。あなたの機嫌の悪さで私の人生が変えられる訳ではないということを、心の中で唱えるとか…。大前提は、「相手の機嫌に左右されない」ということです。

特に家族など、切っても切れない一生の付き合いが必要な場合には、相手を変えるのではなくて、関係を変えるという考え方が大切です。よく言っているのは、1+1=2。相手と自分が足されて関係ができる。そうしたら相手が1のままでも、自分が2になったら答えは3になる。一歩近づく、というのはそういうことですね。大事な関係ならね。「誰にでも近づいて行きなさい」という訳じゃないですけど。

身近な関係ほど、遠く離れたところから石を投げているケースが多いように思います。関係や距離が離れたら声も大きくなりますよね。近かったらそんなにキツく言わなくても察することができる部分もあるかもしれないのに、離れているから大声になったり、見えなかったりするところがあるのかもしれないですね。

「今、心に辛さを感じている方にメッセージをお願いします」

ゆっくり休むことが必要な時もあります。誰かの助けが必要な時だってありますよね。さらに、イヤな感情を味わう権利もあると思うんですよね。だから、ちゃんと悲しんだり、ちょっと言い方はよくないですけど、悲劇のヒロイン的に浸ってみるという選択も悪い訳じゃない。

でももし、いまの状態が自分の人生に役立ってないと感じることが多いなら、それを「いつまで続けたいか?」ということです。私達は、するかしないかだけでなくて「いつまでし続けるか?考え続けるか?」ということも決められるんですよね。

私達はいつからでも変われるし、変わるための道もたくさんあるし、自分に合ったやり方を探すというのも変化への一歩だと思います。辛い経験も嫌な感情も、まったく無駄という訳じゃない。必要なエキスを絞り出して自分らしさの糧にできたら、味わい深い人生にできるのだと思います。

本来の自分が望んでいる「気分がいい」、そしてできることならば、「自分の周りの人も気分がいい」という方法を探してほしいな、と思います。

「心の仕事をなさる方へメッセージをお願いできますか?」

幸せになりたいと思って生きている人は、自分自身の幸せをあきらめないでほしい。カウンセラーもやっぱり1人の人間なので、気持ちがゆらぐこととか、傷つくことだってありますよね。別にカウンセラーが聖人君子である必要はないと思うんですよね。だけど、自分が幸せになる権利を忘れずに、前向きにそれに取り組み続けることが大切だと思います。

自分から溢れているものに人は目を奪われるから、自分の人生に責任をもって、自分の幸せに責任をもって生きることが大事かなと思います。だから、もし結婚しているんだったら、自分自身の夫婦関係や親子関係が一番大事だと思いますね。

もし自分の家族は横に置いておいて、人の幸せのお手伝いをしようと思っているとすると、やっぱりどこかにしわ寄せがくるんじゃないかと思うんです。クライエントさんの幸せに貢献したいという気持ちと共に、カウンセラー自身も自分にとって大切な人の幸せを意識する。毎日の小さな思いやりのようなことを積み重ねていくことが、自分の仕事を支えるものになるのかなと思います。

「今後の展望を聞かせてください」

こうやって、目的と目標の違いとか、さんざんお話していて言うのもなんなんですけれど、私自身のことを考えると、全然目標志向じゃないんですよ。Planned Happenstance(計画された偶発性)のような感じで。

もし現役で大学に落ちてなかったら今とは違っていただろうし、もし私がアナウンサー試験に受かっていたら今とは違っていたと思うし、もし主人と結婚していなかったら今とは違っていたと思うし…。その時その時、目の前に与えられたことを一生懸命やってきただけなんですが、いまはいろいろな偶然に感謝しています。

一昨年、SmartBeingという会社を夫と作りました。自律的な生き方の支援になることしていこうと思っているので、そうするとカウンセリング業務にこだわらず、メンタルヘルス事業だけに留まらず、いろいろできることはあるかなと思っています。

私の中では、生きやすくセルフコントロールができる状況になっていくのに役に立つものは、わりと取り入れています。なので、アンガーマネジメントも教えるファシリテーターにもなりましたし、教育コミュニケーション協会の説明力認定講師もしているんです。軸はぶらさず、でもアプリケーションは自由に選んでいるということですね。

私は基本的に楽観的で、「どこかでなんとかなる」と思っているところがすごくあるんですけれど、仕事は人が運んできてくれるものだと思っているので、一つひとつの出会いを大事にしながら、与えられたことを一生懸命やっていくと次の展開があるのかなと思っています。


<編集後記>

渡邊奈都子先生には、東京出張の折の“すき間時間”を頂戴して
お話しを伺いました。

明るく歯切れよく、しっかりと話される渡邊先生。
セミナーでの活き活きとしたご様子が、目に浮かぶようでした。

“保留ボックス”や“トラウマ磨き”など、イメージしやすい伝え方、
個人の選択・主体性をあくまで大切になさるご姿勢が、印象的でした。

「カウンセラー自身が、自分の幸せに前向きに取り組むことが必要」
「私達はいつからでも変われる」とおっしゃる先生から、
ポジティブなエネルギーをたくさん受け取らせていただきました。

渡邊 奈都子(わたなべ なつこ)   心理カウンセラー メンタルオーガナイザー(R)
  SmartBeing合同会社COO
  一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会認定本部講師

1968年、東京都生まれ。日本女子大学文学部教育学科卒業。
1993年よりリアリティセラピーを学び、複数の専門学校で心理学講師およびスクールカウンセラーを担当。
女性のクライアントを中心に、恋愛、結婚、子育て、家庭と仕事の両立などの悩みに向き合うと共に、メンタルヘルスやストレスマネジメントなどのセミナーを展開。 2010年より、一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会の認定本部講師として、講師育成やスキルアップのための研修に携わり、2014年には空間の片づけを心の片づけに応用した「メンタルオーガナイズ」のコンテンツをSmartBeing合同会社として開発。現在はその育成と啓発に力を注いでいる。

<渡辺奈都子先生のブログ>
【メンタルオーガナイザー渡辺奈都子のブログ「SmartBeing」】

<一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会のHP>
【一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会】

<渡辺奈都子先生の著書>
cover
しなやかに生きる心の片づけ


cover
人間関係をしなやかにする たったひとつのルール はじめての選択理論



インタビュアー:大島まさあき(おおしままさあき)

大島まさあき

大島まさあきと申します。年齢は木村拓哉さんと同級生になります。

現在、働く悩み専門カウンセリングを行っています。
小田急 新百合ヶ丘で活動しています。
働くことに苦痛、違和感を持ったまま働き続けると
人生の大きな舵取りを誤る可能性があります。
自分を見つめ直す機会を持ってみませんか? お気軽にご相談下さい。
HP:働く悩み専門カウンセリング


インタビュアー:八木橋寿美子(やぎはしすみこ)

八木橋寿美子

あなたのいる空間は、あなたにとって心地よい空間ですか?
ピカピカに片付いた部屋が心地よいと感じる人もいれば、
おもちゃ箱のようにモノがあふれた空間を心地よいと感じる人もいます。
「部屋は心の鏡」と言います。
呼吸法で心を整え、思考の癖を知ることから、
あなたにとって心地よい空間を手に入れてみませんか。

ライフオーガナイザー(思考と空間の整理)、ブレスプレゼンター(呼吸法)
HP:つながるいえ


インタビュアー:鈴木明美(すずきあけみ)

鈴木明美

セラピールームChildren主宰、Team Oasis 代表
自分がなんだか分からない。何かやりたいけど、見つからない。
心の悩み、病を抱えた方、自己実現したい方のお手伝いをいたします。

心理カウンセラー、ゲシュタルトファシリテーター、NLPセラピスト、
交流分析士1級、レイキヒーラー
HP:江戸川区西葛西、セラピールームChildren
ブログ:セラピールームChildren


インタビュアー:川田史郎(かわだしろう)

川田史郎

マーケティングプロデューサー、コーチ。

現状を変えていきたい人、何かをはじめたい人の
コーチングをしながら、
解決策のプロデュースや事業化のお手伝いをしています。


インタビュアー:脇坂奈央子(わきさかなおこ 日本メンタルサービス研究所 所長)

脇坂奈央子

『道開きの心理士』 ……本来のあなたの道を開く、お手伝いをします。
ブライアン・ワイス博士直伝の、プロフェッショナル・ヒプノセラピスト。
前世療法・催眠療法を中心に、ニーズに応じた各種心理セラピーを施療。

心理士、精神保健福祉士、認定THP心理相談員、統合心理カウンセラー、
米国NGH&ABH認定ヒプノセラピスト、認定キャリアコンサルタント、
代替療法セラピスト(レイキティーチャー)
HP:ワイス博士直伝の前世療法・催眠療法・心理療法★ラポール
発行メルマガ:こころの栄養@さぱりメント

  • 呼吸法の日本マイブレス協会
  • 毎朝1分 天才のヒント

インタビュー集

  • 毎朝1分天才のヒント メールマガジンで30日間の無料レッスン
  • さぱりメント あなたのお悩みをさっぱり解決