第94回目(3/4) 岩井 結美子 先生 メイクセラピストジャパン

支援の手段の一つとして、化粧療法を学んでほしい

インタビュー写真

「メイクセラピーの良いところはどういうところだと思われますか?」

効果が早くて分かりやすいというところですね。目に見える変化がその場で分かるというのは、お化粧療法の最大の特徴なのではないか思います。

「養成講座の内容について、教えていただけますか?」

プログラムは、化粧心理学、心理学、印象分析、色彩学。そしてメイク実習。基本中の基本テクニックからスキンケアもやりますし、印象分析メイク、つまり印象を変えることに特化したメイク技術の授業と、あとはカウンセリングの授業です。

聴く技術とか質問する技術、伝える技術など。これは心理カウンセラーの養成とほぼ同じプログラムですが、カウンセリングの技術を実習し、最終的にメイクまで入れた総合実習を行い、ひと通り岩井式のメイクセラピーの流れを体験していく、というプログラムになります。

「どんな方が学んでいらっしゃるのでしょうか?」

見事にバラバラですね(笑)。年齢もこれまでの受講生には、下は19歳、上は67歳までいます。専業主婦の方からOLさん、経営者の方もいらっしゃいます。美容関係の方も多いですね。パーソナルカラーリストさん、美容師さん、エステティシャンさん、アロマセラピストさんなどもいます。最近益々増えてきたのが看護師さんや介護職の方などの医療福祉従事者ですね。

本講座は11年やっているんですけれど、看護師さんは開業当時から凄く多いですね。がんセンターの看護師さんとか、老人介護施設に併設している病院の看護師さんとか。あとはヘルパーさん、介護福祉士さんとか福祉の業界の方も多いです。入所されている方、入院されている方にお化粧して元気になってもらいたい、という熱い思いでいらっしゃいます。

「そういう方は、お化粧の心理的効果を実感していらっしゃるのですね?」

そうなんです。実は、大阪医科大学の研究員でもあり、看護師でもあり、教師でもある女性が大阪の受講生でいて、彼女が大阪医科大学付属病院でメイクセラピー外来というのを立ち上げたんですよ。病院なので皮膚疾患のある方限定にはなりますが。

私は肌トラブルのない方に対してメイクセラピーを実施するよう指導していますが、彼女は医療従事者で医師もいますから問題ないですし、私の指導したやり方を病院内で実施してもらっていることが凄く嬉しいです。受講生とともに社会貢献している実感が得られることは本当に幸せなことです。

今後は、心理カウンセラーやコーチの方にも、化粧療法を学んでもらいたいと思っています。私が患者さんにやったように、目の前にクライアントさんがいらっしゃる方の支援の手段の一つとして。すでにプロとして活躍されている方に実施してもらえると、化粧療法の効果の広がりが早いので、心理職の人だけに特化した印象分析メイク習得講座を開講しようかと考えています。

カウンセリングはすでにできて、どうなりたいかを導くテクニックは持っている、ただ、お化粧はできないという方もいらっしゃるのではないかと思うので、カウンセリング実習はせず、化粧心理と印象分析とメイクの仕方を学んでいただく新しい試みを考えています。

「どんな方にメイクセラピーを受けてほしいですか?」

「何だかちょっと自分が気に入らない」という方ですね。「今の自分を変えたい」でもいいし、「好きになりたい」でもいいし、「自信を持ちたい」でもいいし、「一歩前に踏み出したい」でもいい。誰かに背中を押してもらいたい女性には是非受けてもらいたいですね。

「そういう思いの男性もいらっしゃると思いますが?」

男性にはお化粧そのものはしないですけど、ご支援させていただいていますよ! 『印象戦略セミナー』とか、ちょっと固い名前をつけています。男性向けのセミナーもやらせていただく機会が増えてきました。男性もちょっとした工夫で印象がガラッと変わるので、やりがいありますよ!

ワックスをつけて分け目を変えたり、寝かせたり、というように髪型を変えたり、メガネもフレームの色や形や幅で印象が変わります。あとはお洋服ですね。個人トレーニングの場合は、一緒にショッピング同行もしたりするんですよ。

男性もやはり心理的な効果があって、男性にも「どうなりたいか?」を必ず聴くんですけど、その自分が鏡に映っていると背筋が伸びたり、口調も堂々としたりするんですよね。気持ちが乗って来ているのがありありと伝わってきますし、ご本人も「テンション上がりますね〜!」とおっしゃいます(笑)。

女性と同じ様な効果があるし、デモンストレーションするだけで男性も「うぉー」って唸り声や拍手がわーっと上がってすごく面白いですね。ネクタイやシャツだけでも印象が大きく変わります。

「以前からファッションがお好きだったのでしょうか?」

大好きですね! 子どもの頃はファッションの業界に行きたくて、「ファッションデザイナーになりたいな」とか思っていたのですが、ちょっと私のイメージと違うことが分かり、何をしたいか探していた時に心理の業界に興味を持ったというのがご縁ですね。でも、結局ファッションのアドバイスもしてるんですよね(笑)。

「今までお好きだったことが全部活かされているのですね?」

それが不思議です。最初は「心理だけで生きていこう」と思っていたんですけれど、それがクライアントさんと接しているうちに、「見た目を変えなければ、この人は日常が変わっていかないな」と思って、ノンバーバルなことを扱い始めて、メイクに行き着いた、という感じです。同行でお買い物に行ったりしますので、スタイリングなどファッションもかなり勉強しています。


インタビュー写真


「確かに印象は、トータルですよね?」

たくさんの女性にやらせていただいて分かったことなんですけれど、顔だけお化粧して変わっても印象が変わらない人もいるんですね。顔だけ変わっても、しゃべり方とか、姿勢とか、口調とかが変わらないと、結局そちらのインパクトが相手に伝わってしまうので、「お化粧だけでは変われない人もいる」ということが分かりました。

それなら、化粧以外のノンバーバルの部分も強化した方がいいと思ったし、コミュニケーションの取り方も変化させた方が更に効果が上がるので、ファッションもやろう、髪型もやろう、という感じで、あれよあれよという間に本格的に自分で全部やるようになった感じですね。

ファッションは本当に好きだったので楽しくやらせていただいていますが、やっぱり心理が一番大事だと実感します。臨床の世界にどっぷり数年間いたので、心理的な援助の土台がしっかりできたと自負しています。

これまでたくさんのパーソナルカラーリストの方が養成講座を受講されていますが、なぜ当校に学びに来られるかというと、もちろんメイクセラピーを学びたいというのもあるのですが、似合う色の診断をして似合うファッションを提案した時のクライアントさんの否定的な反応に、どう対応したらいいかが分からないと言うんですね。

どうやったら気持ちよく提案を受け入れてくれたり、楽しく取り組んでくれるのか、というのが分からないと言います。「えー、これですか〜?」と言われて、プロ側が落ち込んじゃうんですね。「もっと心に寄り添うサポートをしたい」となって、当校に辿り着いて。カウンセリングの技術は接客にも活かせるので、対応力を上げていくというのを目的にされる方が多いですね。

そうなると、結局は私自身がメイクやファッションだけをやっていたのではなくて、心理のことを深くやっていたから、そういう対応のアドバイスができるので、やっぱり心理の世界に携わったことが良かったなとつくづく思いますね。心理カウンセラーを目指すわけではないけれど、外見の変化を通じて成長支援したいという人達へ、それに特化したご指導をさせていただけるようになったのですから。

「その方が本当に望んでいることをどう具現化するということですよね?」

美しいかどうかが最重要ではないんですね。ただ似合うものをアドバイスしても、それだけでは満足されないです。ラブリーなものが似合うのに「私、フリルとか嫌いなんですけど」とか、逆に、「可愛らしいものが着たいのにパンツスーツですか?」というようにテンションが下がってしまう。

でも、実際に似合うのはそのファッションな訳です。そこで、どういう心理的なアプローチをすれば、クライアントさんが「ちょっとパンツスーツも着てみようかな」という気持ちになれるかどうかの対応面で悩んでいる方が多い。

養成講座では、本音を引き出すカウンセリング技術とか、信頼関係を築く技術とか、フィードバックをする技術などを学びますので、相手の気持ちにより添った接客ができるようになっていくんですね。そういうサポートもさせてもらっています。

「この仕事をされていて一番良かったことは何でしょうか?」

一番良かったのは、当校の養成講座で学んでプロとしてデビューした人達がだいぶ増えてきて、彼女達のメイクセラピーを受けて「メイクセラピストになりたい」と言って養成講座を受講してくれる人が増えてきたことです。

メイクセラピーを受けた人の幸せが伝染して、当校で学んだ人が誰かをセラピーして、受けた人がまた誰かをセラピーしたくなって、また彼女からメイクセラピーが誰かに渡っていく・・・伝染というか循環が起きているんですね。これがとっても幸せですね。一番嬉しい!

「今後、どんなことをやっていきたいというのはおありですか?」

メイクセラピーを学んでくれた教え子や仲間も増えてきたので、「彼女達と絡んだり、結びついたりして、皆で何かできることはないか?」と考えています。彼女達と一緒に何かビジネスができたらと思っています。

昨年から、一緒に活動してくれる人を卒業生から募集して、今まで私が1人でやっていたセミナーを一緒にやり始めていて、一般の人にメイクセラピーにふれてもらうためのセミナーをやっています。それに加えて何かやっていきたいと考えています。

「どちらかと言うと、女性対象でやりたいとお考えでしょうか?」

男性支援も続けていきますよ!

男性も、ちょっと外見を意識するだけで凄く素敵になるのでもったいないですよね。お化粧はしないし、ファッションスタイルもバリエーションが少ない男性は、ちょっとした工夫で女性以上に変わるので凄く面白いですね。与える印象によって、お客様との関係や、上司部下との関係も面白いくらいに変わりますから!

あと、就活支援や婚活支援も行っているんです。就活も婚活も短時間勝負ですので、いかに自分の内面の良さを見た目にちゃんと表現するかが重要で。それに、女性の場合はお化粧の仕方によって印象が全く変わるので、引き寄せる男性も変わってくるんですね。その時にしているメイクやファッションによって、全然違ってくるんですよ〜。

大きなビジョンがもう一つあります。これからやっていきたいことのもう一つは、経営者としての女性支援です。これまでは、スキルや知識を習得していただくことで、社会で活躍できるよう自立支援に力を注いできました。学んだ人達が、それぞれのフィールドで活躍できるようにと。

この支援はこれからも行っていきますが、私は経営者です。私の会社のスタッフとして女性をたくさん雇用したいのです。雇用を生み出すことが経営者としてできる最も直接的な女性活躍支援だと思っています。私の会社に入って、経済的な安定を確保し、自分のやりたいことを実現してもらいたい。

社員が勤めながら自己実現できるような会社を目指しています。そんな社員達と一緒に社会貢献をしていきたいと強く思うようになりました。想像するだけで、ワクワクします!


(次回につづく・・)

岩井 結美子(いわい ゆみこ)   一般社団法人メイクセラピストジャパン 代表理事
                     (株)コンシャスインターナショナル代表取締役
                     メイクセラピスト、心理カウンセラー、印象アナリスト

2003年8月オフィスグレイスを開設。2006年2月に有限会社に法人化し、代表取締役に就任。心理カウンセリング技法を取り入れた独自の『メイクセラピー(化粧療法)』手法を開発し、女性支援を精力的に行う。
2005年12月にPHP研究所より「美人セラピー」を出版。女性雑誌等、メディアでも取り上げられるようになる。
メイクセラピストとしての「顔」のほか、人材育成の社員研修や講演の講師としても精力的に活動。
驚異的なリピート率(90%以上)で、1年の3分の2は講師として全国を飛び回っている。
2011年8月、「株式会社コンシャスインターナショナル」に社名を変更。

<一般社団法人メイクセラピストジャパンのHP>
【一般社団法人メイクセラピストジャパン】

<(株)コンシャスインターナショナルのHP>
【(株)コンシャスインターナショナル】

<岩井結美子先生のブログ>
【美人セラピー】

<岩井結美子先生の著書>
cover
美意識は、過剰すぎるぐらいがちょうどいい。 〜女性がもっと素敵に輝く習慣〜


cover
どうしたら「デキる男」に見えますか? - 印象戦略30のノウハウ


cover
美人セラピー



インタビュアー:下平沙千代(しもひらさちよ)

下平沙千代

日本一やさしい女性ケアドライバーです。
タクシー車内がセラピールームになることも・・・、
アロマハンドマッサージや、ソース・ワークショップも開催しています。

ソース公認トレーナー、アロマハンドセラピスト、NLPセラピスト
レイキヒーラー、トラベルヘルパー、NPO法人東京シティガイドクラブ会員
ブログ:『幸せを運ぶワクワクセラピー ソース』


インタビュアー:福田りこ(ふくだりこ)

福田りこ

あなたの中に隠された宝の箱を開けてみませんか。

潜在意識に直接アプローチする心理療法を中心に、
自己受容と自己変容のプロセスに寄り添って行きます。

心理カウンセラー
米国催眠士協会認定ヒプノセラピスト
HP:セラピールーム・サンクチュアリ


インタビュアー:川田史郎(かわだしろう)

川田史郎

マーケティングプロデューサー、コーチ。

現状を変えていきたい人、何かをはじめたい人の
コーチングをしながら、
解決策のプロデュースや事業化のお手伝いをしています。


インタビュアー:脇坂奈央子(わきさかなおこ 日本メンタルサービス研究所 所長)

脇坂奈央子

『道開きの心理士』 ……本来のあなたの道を開く、お手伝いをします。
ブライアン・ワイス博士直伝の、プロフェッショナル・ヒプノセラピスト。
前世療法・催眠療法を中心に、ニーズに応じた各種心理セラピーを施療。

心理士、認定THP心理相談員、統合心理セラピスト、心理カウンセラー、
米国NGH認定ヒプノセラピスト、認定キャリアコンサルタント、
代替療法セラピスト(レイキティーチャー)
HP:ワイス博士直伝の前世療法・催眠療法・心理療法★ラポール
発行メルマガ:こころの栄養@さぱりメント

  • 呼吸法の日本マイブレス協会
  • 毎朝1分 天才のヒント

インタビュー集

  • 毎朝1分天才のヒント メールマガジンで30日間の無料レッスン
  • さぱりメント あなたのお悩みをさっぱり解決