第72回目(3/4) 大杖 正信 先生 アチーブメント

まず自分が変わる。リーダーシップとは、率先する影響力。

インタビュー写真

「コーチたるものどうあるべきとお考えですか?」

コーチというのは、基本的に相手が主役ですので、相手が望むものを相手が達成する、相手が欲しいものを相手が得ることを支援する側なので、あくまでもそこに徹するべきです。

そこには絶対の信頼感が必要です。対等な関係で、答は本人が持っているというスタンスですから、こちらが教えるのではなくて、逆に聴いてあげたり、引き出すような関わり方をしてあげたらいいいんです。

私は、子どもさんが小学校の高学年になったら、お父さんお母さんにはコーチになって欲しいと思っています。だから、お父さんお母さんが子どもに、「これからは、君のコーチになるよ」と言ってほしいですね。そこからコーチの在り方をしていく、ということをしていけばいい。

「まだ未熟な子どもを信頼するというのは、難しい・・・という気持ちが出ませんか?」

それについては、親が自分のことを信頼していないと、子どもを信頼できないかもしれません。

どこかでこの子は無理だな…と思った瞬間に、それが全部相手に伝わります。不信感というのは、伝わります。「どんなことが起きても子どもを信頼する」という姿勢でいると、子どもは自信がつくと思います。

「ビジネスで、部下を信頼する・チームを良くするというのも同じでしょうか?」

同じですね。結局、上司が自己変革に本気になっている程、部下は自己変革に本気になるんです。上司が自分のことを置いておいて、「お前やれ」と言っても、殆ど上手くいかないです。

自分が身をもってモデルとなって、新しいことに挑戦しているとか、率先して変化を起こしているというのは伝染しますから、その度合いに応じて、部下もついてくるんです。

どうやったら部下を変えようとせずに、自分が属している職場や組織を変えていけるかを、常に質問していくことです。

「部下を変えようとするのは良くないのでしょうか?」

欲しい結果を得るために、何らかの変革が必要です。2つのアプローチがあって、自分を先に変えるのか、相手を先に変えるのか。自分を置いておいて、相手を先に変えるようとするのは、効果的ではないですね。

人間は鏡ですから、相手を変えようとすると、向こうも本心では、「お前こそ変われ」と思います。これでは通じないですよね。ですから、「僕はこうなっていきます」と、自分がまず宣言して、実践していくと、周りが「ああ本気だな」と感じます。

そこで、主体性を発揮して、自らがリーダーシップを取る。僕が言っているリーダーシップとは、肩書や地位ではなくて、自ら動くという率先する影響力のことです。

誰もがリーダーシップを発揮できるんですけれど、まずは肩書を持っている人ほど、影響力が大きいですから、率先して第一番目に動くということをやってほしいですね。それやらないで、部下にやらせようとしても限界があります。そういうのは長く続かない。

「先生は、人間をどんな風に捉えていらっしゃいますか?」

私の人間観というのは、人間の生命は永遠と思っているんです。体はこの世で終わっても、霊・スピリットは永遠と思っていて、人間というのは、誰もがそれを遂げるために生まれてきている。

誰もが無限の可能性があって、自分の成長と周りに対する貢献ができる存在で、全人類は深いところで繋がっているんだと私は思っています。それも1人1人個性があって、1人1人が素晴らしい可能性があって、永遠の存在だと思っています。

年齢とか性別とか肩書とか一切関係なく、1人1人は魂だ。そういう発想を持っています。


インタビュー写真


「人はそれぞれ、能力の違いや感じ方の違いがあると思うのですが、その違いというものに対しては、どのように感じていらっしゃいますか?」

それはもう正に、違いは違いであって、違いでOKなんです。それぞれが、人の役に立つことを与えられているので、生まれてきたからには何らかの役割があると思うんです。

使命というか、生かされていると思っているので、その役割を他人と比べることなく、ちゃんと自分が求めたり、自分に課していくことができたら、1人1人輝いていくので、決して勝ち負けや上下にならないと思うんです。

ですから、違いがあってOKです。違いというのは才能なので、どの能力が上下というのではなく、皆の力を合わせて素晴らしい世の中にすると力となるものです。

「他人と比べて落ち込んでしまう方がいますが?」

いや〜、そういう人って多いです。この世の中、すごく沢山の方が比較競争の原理で生きていますから、無意識に比較しています。その発想を変えること自体、僕の役割だと思っています。

比較することの無意味さ。そういうことを一旦手放していただいて、誰とも比べないで自分の最高のものを追求することの可能性を伝えていくのが、僕の一つの役割と思っているんです。

唯一、成長している自分がいるので、自分の過去と比べるのは構わないと思いますが、他人と比べて勝った負けたというのは意味がない。そういったことを手放して、誰とも比較せずに、最高の自分の在り方を探究するといいですよと、よくお伝えします。

そのためには、まずはやはり気づくことだと思うんです。「あっ、自分は比べてるんだ」と気づくことから始まります。多くの人は無意識にやっていて、比べていることに気づかない。まずは、自分が誰かと比べていることに気づくことが大事です。

「モデルを持つということは、どうなのでしょうか?」

いいと思います。理想の自分を作る時にイメージしやすいですからね。

「モデルと至らない自分とを比較して、落ち込んでしまう方もいますよね?」


それは、なりたい自分になっていく過程の自分なので、そこを責めたりバッシングするのではなく、そこも受け入れる、許す、あるいは、うまくいったことを認めてあげる。

人は、どうしても100あるうちの70うまくいったら、残りの30に目が行きますが、まず70を認めていこうということです。

例えば、60だったのが70になったのなら、「10進行しました」という風に、その作ってきたものに焦点合わせて、あるものに感謝した方がいい。そういう発想転換を促していきます。

全て、考え方が変わると変わりますから、今の自分の考え方しかないと思い込まないで、他にもこういう考え方があると。これができてくると、人ってどんどん変わります。

(次回につづく・・)

大杖 正信(おおつえ まさのぶ)  アチーブメント株式会社 エグゼクティブトレーナー
                       米国インスケープパブリシング社認定DiSCトレーナー

1951年生まれ。大阪府出身。
1976年から外国語教育機関に勤務。スクールマネージャーとして、マネジメントおよび営業管理全般に携わる。1987年から米国系教育機関に勤務。国内、米国、香港で研鑽を積み、大阪センター・マネージャーの他、シニアトレーナー、トレーニング部門マネージャー等を歴任する。
1993年、プロ教育訓練コンサルタントとして独立。1994年から販売・マーケティング企業に於いて組織開発および営業プロジェクト・コンサルタントとして、また代理店・販売店のコーチとして、現場の指導、育成に取り組み、業績向上に大きく貢献する。
現在、アチーブメントのエグゼクティブトレーナーとして、プログラムの開発をはじめ、製造業、通信、保険、外食、通販、商社、燃料、化粧品、製薬、IT等の大手企業、大学を対象に、管理者研修、マネジメント研修、コーチング研修等を行い、2011年の研修日程は206日、リピート率100%。これまでに研修を提供した受講生は延べ14万名を超える。

<大杖正信先生のページ>
【大杖正信 アチーブメント株式会社】

<選択理論のHP>
【選択理論.jp】

<大杖正信先生の著書>
cover
もうひとりの自分と出会う50のエンパワーメントメッセージ

インタビュアー:鈴木明美(すずきあけみ)

鈴木明美

セラピールームChildren主宰、Team Oasis 代表
自分がなんだか分からない。何かやりたいけど、見つからない。
心の悩み、病を抱えた方、自己実現したい方のお手伝いをいたします。

心理カウンセラー、NLPセラピスト、日本ゲシュタルト療法学会・GNJ会員
交流分析士1級、トランスパーソナル学会会員、レイキヒーラー
HP:江戸川区西葛西、セラピールームChildren
ブログ:セラピールームChildren


インタビュアー:前田みゆき(まえだみゆき)

前田みゆき

身も心も魂も輝やくように、いつも笑顔を心がけています。
人とのご縁で、気づかされることが喜びです。

自称 遅咲きさん

コーチングと心と体の健康について、もっか勉強中


インタビュアー:高橋美智代(たかはしみちよ)

高橋美智代

不惑を過ぎてから、心理学を勉強中の身です。
一瞬一瞬を、共に過ごす人々と、大事にして生きていきたいと思う
今日この頃です。

好きな動物:猫
趣味:読書 ピラティス
レイキマスター


インタビュアー:古武家真美(こぶけまみ)

古武家真美

心理学とカウンセリングを勉強中。
自分らしさを探す旅の真っ最中です。

学生の悩みに手紙やメールで答えるVFM東京でも活動しています。


インタビュアー:脇坂奈央子(わきさかなおこ 日本メンタルサービス研究所 所長)

脇坂奈央子

『道開きの心理士』 ……本来のあなたの道を開く、お手伝いをします。
ブライアン・ワイス博士直伝の、プロフェッショナル・ヒプノセラピスト。
前世療法・催眠療法を中心に、ニーズに応じた各種心理セラピーを施療。

心理士、認定THP心理相談員、統合心理セラピスト、心理カウンセラー、
米国NGH認定ヒプノセラピスト、認定キャリアコンサルタント、
代替療法セラピスト(レイキティーチャー)
HP:ワイス博士直伝の前世療法・催眠療法・心理療法★ラポール
発行メルマガ:こころの栄養@さぱりメント

  • 呼吸法の日本マイブレス協会
  • 毎朝1分 天才のヒント

インタビュー集

  • 毎朝1分天才のヒント メールマガジンで30日間の無料レッスン
  • さぱりメント あなたのお悩みをさっぱり解決