第55回目(4/4) 大空 夢湧子 さん ビジョン心理学トレーナー

自分への慈悲の心を養っていくことが大事

インタビュー写真

「心の仕事に就きたい方にメッセージがありましたらお願いします」

まずは自分自身のワークを徹底的にやることではないでしょうか。自己理解を深めていくとか、自分の中で親子関係とか、まだ未完了な所を完了したり、思い違いを正していったり。それが癒しということだと思うんです。

まずは自分自身の気づきを深めて、自分自身が以前よりは、より幸せに癒されていくという経験をしていって初めて、他の方のお手伝いが出来ると思うんです。そして謙虚さが大事だと思います。

それから、人間はだれしも自己批判に悩まされがちですので、簡単ではないですが、自己受容というか、自分への慈悲の心を養っていくことが大事ですね。

自分の、「ここがダメだ」「ここがイヤだ」と思うところを理解して受け入れていくことが出来るほど、他者への忍耐や慈悲心をもつことが出来るようになると思いますので。簡単に出来ることではないので、永遠の課題ですね。

「独立に不安を感じる方へ、何かアドバイスをいただけますか?」

ご存知のように独立、自営業というのは「一寸先は闇」ですから。ちょっと暗い言い方ですけれど、そこのところはそうなんだって腹をくくっていくということですよね。

それと同時に、特にサービス業は、自分の思いと来る仕事の量や質が直結しているというのを学びましたね。例えば、疲れてきてしまって仕事の量も多いな、みたいになると仕事がキャンセルになったりとかですね。

また本当に不思議なんですけれど、例えば私が海外のセミナーでブレークスルーを経験して、今までとは違う意識の広がりがあったりすると、個人セッションの申し込みが急にガッと来たりするんですよ。

無意識レベルで、ちゃんと世の中は分かっているな、繋がっているんだなと思いますし、無意識レベルで世の中はやっぱりあなたの最大限の活かし方を知っているんですよね。

会社を辞める時は、ブリージングのプラクティショナーとして、独り立ちするということで辞めたのですが、すぐにはそれだけはお金にならないと思って、得意であった通訳・翻訳をやって、テレビ局でニュースの同時通訳の仕事や国際会議の通訳などもやっていたんです。

やはり世界は私を活かす一番いい方法を知っていたということだと思うんですよね。

元々はワークショップやセラピーをやりたかったのだから、そっちへ戻ろうと思う様な目覚ましコール的な出来事があって、戻ろうと思った時に表現アートに出会ったり、新しい出会いによって世界が広がっていった感じなんです。そこは多分、宇宙を信頼していいと思うんですよね。

「宇宙を信頼する?」

アインシュタインの有名な言葉に、「あなたにとって最も大事な質問は、宇宙が自分にとってフレンドリーだと思えるかどうかだ」というのがあるんですね。

本当に、あらゆるものは見方によるのですから、自分にとって自分の世界は友好的なものなんだと思えることによって、たとえ独立しようが、復職しようが、何をしようがちゃんと巡っていくようになっているんですね。

だめなんじゃないかという思いがあると、その思いの通りになりますから、本当に根本的なところで、「宇宙は自分に味方してくれるんだな」ってその選択をするかですよね。

だからさっきの、繋がろうか、繋がるまいかという選択とか、神とのバトルというのはここら辺のところもありますよね。

宇宙や神さまは常に与えてくれていて、サポートしてくれているのだけど、こっちの方が「自分1人で生きるからいいです」っていう感じになっていたり。素直に「お願いします」って言ったら、ちゃんとパーッと助けが来るんですよね。

通訳させていただく先生方との出会いも、私は特に営業活動していないんですよね。全部口コミで巡ってきて、ホ・オポノポノもギリガン先生も、この方に出会って良かったという方に出会っているので、多分その点に関しては心配していないので巡っていると思うんですよね。

インタビュー写真


「では、大空さんの強みは宇宙を信頼していることでしょうか?」

信頼していない時もあるけれど、ほぼ信頼しているということですね。100%信頼していたら聖人のようになっていると思うんですけれど、過半数は信頼しているかもしれませんね。仕事に関しては信頼していると思います。

「会社を辞められた時は、いかがでしたか?」

すぐにバッと広がる訳じゃなくて、そんなにすぐには増えないですよね。畑とかガーデニングと同じで、種を蒔いてから花が咲くまではちょっと時間がかかるんですよね。そのくらい時間が空くかもしれないと、自分に猶予を持ってもいいんじゃないですかね。

「今、悩みを抱えていらっしゃる方にメッセージかあればお願いします」

ちょっとおこがましいですが、既にうまくいっていることや、嬉しいと思っていることをリストに挙げるということを、よくお話ししているんです。

夜寝る前とかに、今日嬉しかった事を5つとか3つとかノートに書いていくみたいな。例えば、今日は温かいうどんを食べて嬉しかったとか、今日はゆっくり昼寝ができたとか、どんなことでもいいですよね。

他人から見たらくだらないと思うような事でも、自分にとって嬉しかった事とか良かった事をリストにする。寝る前にそれを思い出すというのは、とてもいい訓練だと思うんですよね。良い気持ちの状態で眠るというのはすごく大事だと思うんです。

野口整体の野口晴哉先生が、1日の最後に鏡を見る時と、1日の最初に鏡を見る時に、鏡に向かって微笑みなさいとおっしゃっていたのですが、最後に見た時の顔、最初に見た時の顔が微笑んでいるというのはすごく大事なことだと思うんです。

嘘でもいいからちょっと笑い顔にするというのは、効き目があると感じています。

「そんな風に、行動から変えていく?」

そうですね。あと、表現アートの力を借りて、もしクレヨンとかある方だったら、もう何も考えないで落描きを続けていく。何ページも、いいと思うまで落描きを続けていくと、続けていくうちに変化していって、すっきりした気持ちになっていくんですよね。

声を出して歌っていくワークでもいいんですが、そういう、自分一人でも出来るツールみたいなものを探しておくと、いざという時に助かると思うんです。

でも、本当に落ち込んだ時は、そんな気持ちにもなれないですよね。言葉で何か言う元気もない時、そういう時は好きなイメージとか綺麗なイメージとかを心の中に覚えておいて、それを思い出すだけでもちょっと違いがあると思います。

「これからどんな活動をされていきたいというのはおありですか?」

引き続き、自分のセミナーとワークショップを続けていきたいなと思っています。私は言葉にする事が強みだと思いますので、分かり易く説明したり、伝えたりということが私のやっていくことなんだなと思うんです。

それから、森の中とか自然の中での2泊3日のワークショップをやりたいと思っています。内容としては、ビジョン心理学あり表現アートありの、森の中を歩いていくビジョンウォークみたいな感じですね。

90年代にネイティブアメリカンの方で、ビジョンクエストをファシリテートしている方がいらしたんですね。いわば山籠りですね。その方とそのお弟子さんたちのワークショップに参加して、4回ほどビジョンクエストをやりました。

山の中で自分の場所を見つけて、ビジョンクエスト・ガイドの方と相談して、私はここでやりますっていうのを地図の上に描いて、朝、儀式みたいなのをして出発して、自分の場所に行き、3日3晩断食するんです。3日3晩そこには誰も入ってこない、誰からも見られない。

何をしていても良いという空間で、ビジョンを受け取っていくという作業なんですけれど、それを自分でやってみて、セラピーやワークショップよりも、ただじっとして自然の中で答えを受け取るのが一番パワフルだなと思ったんです。

断食していることもあり、周りが自然ということもあって、夜は野宿ですから、目の前に小動物が来て目が合っちゃったなみたいなそういうのもあり、自然界の中にいると普段使わない神経も使うみたいで、色々な気づきがあったんですよね。

自分は今まで何をしていたのか、今は何をしたいのか、そういうのを気づきました。ですから、それのミニチュア版みたいな感じで、半日森の中で自分の時間を過ごしてもらうビジョンウォークをやりたいですね。

「将来的な夢はおありですか?」


自然の中のワークショップをやりたいということと、本を出したいなと思っているんです。翻訳の本はもう10冊くらいあるんですけれど、自分の本を書いていないので、本を書きたいなと思っています。

気楽に読めて、読んでいるだけで、ほっとしたりハートが開いてくる感じの本を書けたらなと思っているんです。それはだいぶチャレンジですけれど実現させたい夢ですね。

子どもの頃の夢だった絵本や子ども向けの本も書いてみたいです。

あと、いっぱいカードを使っているので、オリジナルのカードも作ってみたいんですよね。

「どんなカードを使っていらっしゃるのですか?」

2000語くらいの単語を使ったカードがありまして、これはビジョン心理学のトレーナー用のカードなんですけれど。その他にも何種類かのビジョン心理学のカードを結構使っています。個人セッションの時とか、今のプロセスのキーワードを知るという感じで使っています。

(実際にカードを引きながら)ここでも「問題の影にはギフトあり」ということで、例えば「不正直」というカードが出たら、次に引いた「地上の天国」というギフトがその下に隠れているという感じで使います。

チャックさんがすごくカードをお好きなんですよね。それで毎年、新たな言葉のリストを作って、どんどんカードが増えていくんです。

まだ内容は内緒ですが、いずれ、自分のオリジナルのカードを作ってみたいですね。

<編集後記>

通訳・翻訳家、ビジョン心理学トレーナーと
表現アートセラピー・ファシリテーターという
実に多彩な顔をお持ちの大空夢湧子(おおそらゆうこ)さん。
知的で、エキゾチックな黒く大きな瞳が印象的な方でした。

柔らかでピュアな大空さんの優しいエネルギーに満たされた中で、
お話を聞かせていただきました。

「自分は答えを持たない」
「ご縁とシンクロニシティによって導かれてきた」
とおっしゃる言葉から、大空さんの謙虚な姿勢を深く感じました。

宇宙を信頼すること、宇宙や人と繋がりながら今日をどう生きるか!
これからの時代を生きるのに重要なキーワードとなりそうです。(S)

大空 夢湧子(おおそら ゆうこ)  ビジョン心理学トレーナー
                     表現アートセラピー・ファシリテーター、通訳、翻訳家

20数年にわたり自己成長と癒しのためのセミナーやワークと関わり、多くの方々とふれあい、サポートをするとともに、国内外で自身の学びを続ける。
安心できる人柄で、ユーモアのあるわかりやすい語り口に定評がある。
ビジョン心理学では、創設者のチャック・スペザーノ博士とレンシー夫人の通訳としてお馴染み。
また、ホ・オポノポノのヒューレン博士、エリクソニアン催眠のスティーブン・ギリガン博士、NLP、ファミリーコンスタレーションなどの通訳としても活躍。

ビジョン心理学のプロセスワークと表現アートセラピーを統合したセミナーを全国で開催。
ビジョン心理学初級講座や女性のための「ムーン・ロッジ」も好評。

<大空夢湧子先生のHP>
【大空夢湧子公式サイト しあわせの風】
<大空夢湧子先生のブログ>
【大空夢湧子の「きょうもミラクルマインド」】
<大空夢湧子先生の訳書>
cover
傷つくならば、それは『愛』ではない
cover
セルフ・セラピー・カード
cover
セックスは、神さまからの贈りもの
cover
言葉を変えると、人生が変わる NLPの言葉の使い方

インタビュアー:鈴木明美(すずきあけみ)

鈴木明美

セラピールームChildren主催、NPO Oasis 代表
いろんな環境に自分を合わせて生きてきて、自分がなんだか分からない。
そんな、うつ病や心の悩みを抱えた方のお手伝いをしています。

心理カウンセラー、NLPセラピスト(ゲシュタルト、エリクソン催眠療法、
家族療法)、交流分析士1級、トランスパーソナル学会会員、レイキヒーラー
HP:江戸川区西葛西、セラピールームChildren
ブログ:セラピールームChildren

インタビュアー:村上友望(むらかみともみ)

村上友望

今は普通のOLをしながら、セラピストとして活躍できるよう勉強中です。
出会った方々の幸せな笑顔をサポート出来たらと思っています。

ヨーガセラピスト ソース公認ベーシックトレーナー
パステル和アートインストラクター ジュニア野菜ソムリエ
アロマテラピーアドバイザー キャンドルアーティスト
ブログ:http://ameblo.jp/ohisamakokoro/

インタビュアー:広江俊介(ひろえしゅんすけ)

広江俊介

心のボイスレッスン 代表
都内で声と言葉をテーマにしたメンタルセラピー、
ゴスペル音楽による発音・発声のレッスン、自己表現力の磨き方を
指導しております。

現在、一般のビジネスマン、OL、カウンセラー、セラピスト、教師、
コンサルタント、俳優、声優の方まで多岐に渡り、教えております。
プロボイストレーナー、プロギタリスト講師
ブログ:『心のエバーグリーン。』

インタビュアー:力武一世(りきたけかずよ)

力武一世

OLの傍ら、物書き業をしています。
自身の価値観の変化から人生が激変し始めたことをきっかけに、
「人の心のありよう」に興味を持ち始めました。
心が変われば、現実が変わる。たくさんのセラピストの方々に
お会いするたび、それを実感しています。

ブログ:『たびとたびびと』
読んだ人の心が軽くやわらかくなるような文章で、
周囲の人たちを幸せにしていきたいと思います。

インタビュアー:高村樹子(たかむらみきこ)

高村樹子

子育てをしながら、オンラインカウンセラーをしています。
「カラーパレット」として、講座やイベントを企画、運営する
地域活動を展開中。
親同士のピアカウンセリング「親の時間」東京クラスも開催。
大人も子供も心和む、安心できる場所作りをめざしています。

ブログ:『ブルーバード♪幸せは自分の心の中にある♪』
精神保健福祉士、JOCA認定上級オンラインカウンセラー
パステル和アートインストラクター

インタビュアー:脇坂奈央子(わきさかなおこ 日本メンタルサービス研究所 所長)

脇坂奈央子

『道開きの心理士』 ……本来のあなたの道を開く、お手伝いをします。
ブライアン・ワイス博士直伝の、プロフェッショナル・ヒプノセラピスト。
前世療法・催眠療法を中心に、ニーズに応じた各種心理セラピーを施療。

心理士、認定THP心理相談員、統合心理セラピスト、心理カウンセラー、
米国NGH認定ヒプノセラピスト、認定キャリアコンサルタント、
代替療法セラピスト(レイキティーチャー)
HP:ワイス博士直伝の前世療法・催眠療法・心理療法★ラポール
発行メルマガ:こころの栄養@さぱりメント
 

  • 呼吸法の日本マイブレス協会
  • 毎朝1分 天才のヒント

インタビュー集

  • 毎朝1分天才のヒント メールマガジンで30日間の無料レッスン
  • さぱりメント あなたのお悩みをさっぱり解決