第53回目(4/4) 晴香 葉子 先生 ポジティブ心理学研究会

悩んで成長すると、心は鍛えられて対応力が上がる

インタビュー写真

「リフレッシュ法は何かおありですか?」

リフレッシュ法は、アロマリフューザーが家に有って、本を読むのがある意味リフレッシュ法ですね。

本は、1日持ち歩いて、読みながら、なんだろうと思ったらメモを取っています。三行空けて。一回バーッと読んだ後に、家に帰ってから最初からもう一度読むんです。そうすると自分なりに腑に落ちる訳です。それをその三行に書く。これが思索だと思うんですね。これが私のリフレッシュ法ですし、趣味ですね。

「そのメモはもう何冊もあるのですか?」

何冊もたまってしまって。すごく見せてって言われるんですけど、ネタなんで。多分既に、一生ネタには困りません。

生徒さん達から「先生、今の話、自分のセミナーで話していいですか」と聞かれることもあるのですが、お金出して私の所に習いに来ているんだから、許可得る必要ないと言っています。使ってもらってもいくらでもネタはありますし。

私の通ったある学校で「ここで習ったことを人に言わない」ってサインを求められたことがありました。カウンセリングに使うのはいいけれど、ここで習ったことを言うなと。私はサインしませんでした。だから辞めたんですけど。今、そういう学校多くないですか?

習ったことを使えなかったら意味が無いですよね。習ったことの中には、既に本で読んで知っていたことや大学で習ったことも多かったので、そこでもう一度聞いてしまったからと言って、他で言えなくなるというのは困りますね。でも、そういう学校が多いようですよ。「それを使うなら毎年数万円払わないといけない」とか。ビジネスとして、その方が成り立つのかもしれないのですが。

「お勧めの本はありますか?」

終始一貫して同じ事を言った人の本が良いですね。クリシュナムルティやエマソンが良いかと思います。思想家や哲学者の中には、年を重ねると共に、主張が変化していく人も多いですが、在る程度の年齢から、同じことをいろいろな言い方で言い続けるような人生を送った人の言葉が、心に深く響くなと思います。厳しいですが、ジョン・トッドも良いと思います。


「心の仕事に就きたいという方にメッセージがありましたらお願いします」

日本では、カウンセリングを米国とか英国のように日常的に受けるような習慣があまりないのと、ボランティアでやる方が多いので、それで即生活ができる、というのはなかなか難しいと思います。

だから、会社に勤めていて土日だけカウンセラーをしてみるとか、パートをしながらカウンセラーをしてみるとか、あと子育てと両立、ご主人にちょっとの間だけ養ってもらって両立させていくとか、そういう負担にならない程度からスタートされると良いと思います。

生涯学習として一生関わっていくと、自分の人生も豊かになるでしょうし、自分のおかげで人生が開けたって言う人が、一生に一人でもいたら、勉強した意味があるじゃないですか。リスクや負担やストレスの少ないところから、無理なく自分のスタイルで、取り組んでいくことが、大事なのではないかと思います。

インタビュー写真


「独立を考えている方へのアドバイスがありましたら?」

私は、時間できっちり終わるアルバイトなどとの両立をお勧めします。週一回、ストレス無くできるアルバイトをするなど。何らかの仕事をしていると、いろんな人と出会えるじゃないですか。コミュニケーションの勉強や、洞察力を磨く練習にもなると思います。

収入が安定するまでは、カウンセラーの仕事だけだと大変だと思いますし、活動費を確保するという意味でも、少なくても安定した収入があるといいですよね。例えば異業種交流会に参加するにも、参加費や交通費がかかりますよね。自由に使えるお金が、ある程度あった方が、ネットワーク作りも楽しめると思います。

気分転換や人生経験にもなるでしょうし、負担にならない収入源っていうのは、一つ持っていてもいいんじゃないかと思うんです。本業に支障のない、時間で終わって、ちょっと人間観察もできる様な、そういう仕事との両立は、ひとつの方法だと思います。

「今悩みを抱えている、そんな方へのメッセージがありましたらお願いします」

それはね、誉れですよ。悩みの無い人生なんて自己成長が希薄ですからね。心を強くするチャンスなんです。心の強さって、筋トレと同じなんですよ。明日いきなり強くなるもんじゃないんですから。

今の日本は、打たれ弱い大人が多いですよね。他人から見たら、些細なことでも、落ち込みますし、ちょっとした事をずっと気にしていたり。相手に言い返せば済む様なことも言い返せなくて、溜飲できるまで私に同じ話をし続けるというケースもあります。

日本は小さい頃に環境が整い過ぎているのかもしれません。物はあふれ、戦争も無いですし、水道をひねれば水が出るし、そこまで意地悪な子もいないし、辛い想いをほとんど一度もしたことが無いまま成長し、初めての挫折が失恋だったりします。

辛い想いをしないまま大人になると、心の成長というか、何を言われても平気という心の強さというか、そういうのも無く来ていると、大人になって、苦手な人間関係や環境に遭遇したり、言われたくない事を言われたり、キャパシティを超える仕事などを抱えると、鬱病になってしまうかもしれませんよね。

だから悩み事というのは、心を強くするチャンスだと思いますね。いっぱい悩んで成長すると、次に大きい悩みが来ても、対応力が上がっているんですよ。

だから、例えば私は娘から、ちょっとした友達の態度や言葉で傷ついたことなどを聞くと、「今で良かったね」って言います。「大人になる前の今で良かった。ここで強くなろうじゃないか。明日どうするか! 一つ一つ悩み事を解決していくことで、大人になるまでに、自然と心が強くなっていくから」と。

「今後の展望や夢は?」

この『幸せの法則』にも書いたのですが、私は「蓄積志向」だと思うんですよね。

大きな目標に向ってワーッと行くよりは、1歩階段を上ったら次の階段が見えて、次の階段上ってみたら次の階段が見えて、でいつのまにか「目標志向」の人と同じ所に辿り着くこともできる。そういうタイプなんですね。

だから、今日幸せに眠れるということが、その一つの階段だったりするんです。あまり具体的ではないんですけど。

鶴見俊輔さんという哲学者がいるんですね。たまたまつけたNHKの番組に登場していて、すごい目をしていてびっくりしましたね。80歳過ぎてギラッとした目なのです。思索を重ねた人間はこうなるのかと思いました。

鶴見先生の目のギラッとした感じが素晴らしくて、思索に満ちた話もすごく面白くて。私は、毎日1冊本を読んで、人には集中して一生懸命関わって、いつかああいう眼差しになりたいと思いました。

鶴見先生が最後に素敵な事を言ったんです。

「小さい時に子どもなりに死ってものを考えた。今はもう死というものはすごく身近になり、考える。で、小さい時にたまたま虹を見かけた時に心がときめいた。今も、たまたま虹を見かけると心がときめくんだよね。そんな時、僕は永遠というものを信じたくなるね」

もう、この言葉ってすごい!と思ったんですね。どの意識レベルの人にも通じる言葉だなと。ロバート・ディルツの表でいう意識レベルで言う一番ベーシックな「五感レベル」だったら、確かに虹はきれいだろうなって思えたり。

「アイデンティティ」っていう所に達している人は、そこから自分はどうあるべきかっていう風に考えるかも知れないし、生命倫理でみれば、永遠っていう一つをとってみても、虹ってはかないものでもあり、もしかしたら次の虹とつながっているものもあるかもしれない。

虹っていうのは光で織りなすものでとらえようもないんですけど、命っていうものはある意味そういうもので、土に還って、地球上でみた永遠という見方もできるし。人間の魂はずっと残るっていう、輪廻って考えが仏教の中にはありますよね。

その人その人の意識レベルで、色々な取り方ができ、その人なりの解釈で、心に何かが生まれる、そんな短い言葉なんですよね。相当な本を読んで、相当に思索した人だから出る一言なんだなって思ったのです。

その時に、「ああ、こういう目になり、こういう話ができる人になりたい」って思ったんですよね。それが、ちっちゃい夢のようで大きな夢です。

<編集後記>

「成城リトルクローバー」は、白を基調にした素敵なセレクトショップ。
その奥にカウンセリングルームがあるとは、嬉しい驚きです。
そこでお人形のように可憐に佇んでいらしたのが、
晴香葉子先生でした。

そのふんわりと柔らかい優しい雰囲気と、
語られる熱い想いや鋭い洞察の、絶妙なハーモニー。

お話の面白さ、奥深さに、すっかり魅了されたひと時でした。

人間のポジティブな面を探究する「ポジティブ心理学」。
これからの心理学のあり方を大きく広げてくれる事でしょう。

そしてまた、一人一人の良さが尊重される社会をもたらす
福音のようにも強く感じさせられました。

晴香 葉子(はるか ようこ)  NPOポジティブ心理学研究会代表
                   「成城リトルクローバー」オーナー

ポジティブ心理学・カウンセラー。応用心理学・精神物理学・コミュニケーション学などを学び、ベストな精神状態を維持するためのポジティブ心理学について研究。経営者・管理職・医療従事者などを対象に、カウンセリングを実施。ポジティブ心理学に関する執筆・講演多数。IPPA国際ポジティブ心理学会会員。「心を育む読書会」主催

<NPOポジティブ心理学研究会のHP>
【NPOポジティブ心理学研究会公式ホームページ】
<晴香葉子先生のHP>
【晴香葉子HP】
<晴香葉子先生のブログ>
【晴香葉子のポジティブ心理学】
<晴香葉子先生の著書>
cover
幸せの法則
cover
願いが叶う4つの贈り物
cover
ビジネスマナー&コミュニケーション解決BOOK

インタビュアー:広江俊介(ひろえしゅんすけ)

広江俊介

心のボイスレッスン 代表
都内で声と言葉をテーマにしたメンタルセラピー、
ゴスペル音楽による発音・発声のレッスン、自己表現力の磨き方を
指導しております。

現在、一般のビジネスマン、OL、カウンセラー、セラピスト、教師、
コンサルタント、俳優、声優の方まで多岐に渡り、教えております。
プロボイストレーナー、プロギタリスト講師
ブログ:『心のエバーグリーン。』

インタビュアー:鈴木明美

鈴木明美

セラピールームChildren主催、NPO Oasis 代表
いろんな環境に自分を合わせて生きてきて、自分がなんだか分からない。
そんな、うつ病や心の悩みを抱えた方のお手伝いをしています。

心理カウンセラー、NLPセラピスト(ゲシュタルト、エリクソン催眠療法、
家族療法)、交流分析士1級、トランスパーソナル学会会員、レイキヒーラー
HP:江戸川区西葛西、セラピールームChildren
ブログ:セラピールームChildren

インタビュアー:村上友望(ともみ)

村上友望

今は普通のOLをしながら、セラピストとして活躍できるよう勉強中です。
出会った方々の幸せな笑顔をサポート出来たらと思っています。

ヨーガセラピスト ソース公認ベーシックトレーナー
パステル和アートインストラクター ジュニア野菜ソムリエ
アロマテラピーアドバイザー キャンドルアーティスト
ブログ:http://ameblo.jp/ohisamakokoro/

インタビュアー:志田祐子

志田祐子

志田祐子です。
臨床心理士の方との出会いをきっかけに、心理学を学び始め、
色々なご縁があって今は心理カウンセラーを目指しています。

心に悩みをもった人の少しでもお役にたてるよう、
五感を使って癒せる心理カウンセラーになれるよう、
日々試行錯誤です・・・。
ブログ:発達支援教室ホーミーズ

インタビュアー:脇坂奈央子(わきさかなおこ 日本メンタルサービス研究所 所長)

脇坂奈央子

『道開きの心理士』 ……本来のあなたの道を開く、お手伝いをします。
ブライアン・ワイス博士直伝の、プロフェッショナル・ヒプノセラピスト。
前世療法・催眠療法を中心に、ニーズに応じた各種心理セラピーを施療。

心理士、認定THP心理相談員、統合心理セラピスト、心理カウンセラー、
米国NGH認定ヒプノセラピスト、認定キャリアコンサルタント、
代替療法セラピスト(レイキティーチャー)
HP:ワイス博士直伝の前世療法・催眠療法・心理療法★ラポール
発行メルマガ:こころの栄養@さぱりメント
 

  • 呼吸法の日本マイブレス協会
  • 毎朝1分 天才のヒント

インタビュー集

  • 毎朝1分天才のヒント メールマガジンで30日間の無料レッスン
  • さぱりメント あなたのお悩みをさっぱり解決