第37回目(3/4) 岡野 あつこ 先生 夫婦問題研究家

夫婦問題は、相手がいるからカウンセリングが特殊なのです

インタビュー写真

「離婚カウンセリングの特殊性というのはありますか?」

カウンセリング業界って言ったら広いんだけれど、この世の中の離婚に悩む人たちのこの業界、離婚って本当に特殊で、時間が限られているわけですよ。

私は普通の心理カウンセラーもサイコセラピストの先生とかお医者さんとかとコラボしているんですけれど、そういうところはその人の病気のことだけを考える、その人の気持ちだけを考える。

でも、その間に相手が愛人作って子供生んじゃってとか、相手がもう家を出て行っちゃって、ということが起きるので、実は相手がいるからカウンセリングが特殊なんです。

カウンセリングというより戦略を立てなきゃいけない。それこそコーチングとかコンサルタント系のお仕事に近い。でも、あえて「離婚カウンセラー」って名前にしたのは、「離婚コンサルタント」って言ったら離婚させちゃう、離婚を推進するって思われがちなので…。

「離婚カウンセラー」って言うと、「離婚させちゃうんじゃないの?」って思われがちです。ですが、実は修復が多いですね。

「先生がされている離婚カウンセリングの特長は?」

まずお客様が「離婚したいんです」とか「修復したいんです」とか「どうしていいか分からないです」って門を叩いて来ます。それを、ほとんどのカウンセラーはそのまま聞いちゃうんです。「離婚したいんです」って聞くと「この人離婚したいんだ」かわいそうにって。

お客様は不幸になりたくて来ていないんですよ。今より幸せになりたくて、今苦しくて苦しくて、辛くて、それを少しでも良くなりたいという気持ちで来るという風に、歓迎しないといけないんです。

だから、お客様の「離婚したい」「修復したい」を真に受けないで、お客様が幸せになりたいんだという意識に頭の中で変換して、どうやったら幸せになるかってことを考えてあげるのが離婚カウンセリングですし、うちの目指すカウンセリングです。

「離婚したいというクライアントさんであっても?」

その人が離婚したくても経済的に食べられない、辛くて苦しくて一人で生きられない、子供が負担になっちゃう、そして幸せになれないんだったら修復を促します。

うちのスクールの生徒にも5〜6ヶ月かけて、徹底的に教えているんですけれども、実際ロールプレイをやってみたり、相談を考えてみたりすると、お客様がこうしたいという言葉に振り回されてしまうことがすごく多いのです。

そこが一番大事なんだなと思っていて、自己流でやるってものすごく難しいと思うんですよ。離婚カウンセリングにおいて「離婚したい」と言われたら、どうしてもすぐさまそっちに行ってしまう。軸がぶれてしまうんです。

だから、人の幸せを徹底的に考える、おせっかいじゃないと出来ないし、自分が不幸じゃ出来ないし、疲れていたら出来ないし、ものすごくエネルギーがいるんですよ。

自分の精神のモチベーションを上げるために、時には対価を支払って、色々な人の力を借りたりする、そういうことが出来ていかないと、私も含めて良いカウンセラーだとは言えないと思っています。

弱った時に、誰かに頼ってとか、早くその弱ったところから脱出してとか…。今うちにいる10人くらいのカウンセラーを私が放っておくと、本当に弱ってしまって、そういう時は売り上げが上がらない。

売り上げ上がっている人は、やっぱりモチベーションが上がって自分が精神的に強くなっている時です。だからいつも「大丈夫?」ってメンテナンスしてあげないと駄目なんです。私も自分で自己メンテナンスします。

「どんなメンテナンスをされていますか?」

人生を考えます。起こったことを前向きに「何がいけなかったんだろう」と考えていきます。弱っている時というのは、自分の人生で弱っているんです。

私は独身だから恋愛で駄目になった時とかも影響が出ちゃうんですよ。子供とけんかした、会社が上手くいかない、従業員との折り合いが悪い、そういうこと全部、人生の日々が出ちゃうわけです。

だから、そういうことを「何で、ああなったんだろう?」とか「何がいけなかったんだろう」とか「電話すればよかったんだ」とか、後悔じゃなくてものの考え方で変えるんです。

インタビュー写真


「先生がカウンセリングをする上で一番大切にしていることは何ですか?」

お客様の幸せです。本当に人の幸せを願うと自分にも返ってくると思っています。私は結構、恩着せがましい女なのね。昔から「岡野さんのおかげ」って言われるのが大好きで、今55歳だけど本当に40代くらいまで押し付けてきたと思うんですよ。

今はそこまでは押し付けないんだけど、でも「おかげ」って言われるのがうれしくてやっているの。「若いね」「きれいだね」って言われることよりも「岡野さんのおかげでこうなりました」って言われるのが、すごくうれしいです。

だから幸せになりたくて来ている以上、私はやっぱり幸せの提案を私の今までの経験で出来たことからしてあげたい。昔からアイデアが結構、跳んでいた方なんです。だから、色々な提案をします。「そんな考えもあったんですか?」ってよく言われます。

アイデアが斬新なことには自信があるんです。交流分析をやると私はフリーチャイルドが飛び抜けて強くて、発想がすごくストレートなんです。「やってみればいいじゃない」そういうところから行くので、「目からうろこ」って言われます。

そういう提案が出来るから、ここまで来たのかなと思います。今まで、カウンセラーのところに行っても同じだったって言う人が「全然違う」「え〜?」ってことを提案するわけですよ。

「それはどんな提案なのですか?」

例えば、「夫の存在が辛くて苦しい」と言われたら、対処するチームを作るんです。よく『岡野劇場』と言われるんですが、応援してもらいたい人にまず自分がなって、例えば修復だったら、修復のために自分や状況をサポートしてくれる人を自ら作ってゆくんです。

自分の中のおままごとなんだけれど、夫が帰ってきた時にそれを楽しめる、申し訳ないなって思える。夫に対しての恨みつらみやものの考え方を変えていくっていうところを提案しています。出来ないっていう人もいますよ。「でも、そういう考えってあるんですね〜」となるわけ。

私は、やれとは言わない。「私はこうやったよ。そして、こう思ったよ」って体験談を言うわけです。そうすると出来なくても、お客様は「そういう考えもあるんですね、気が楽になりました」となるわけです。

ずっと我慢している時は大きな声を出すと良いので「王様の耳はロバの耳」の如く、布団をかぶって声を出してもらいます。「私のダンナ、大嫌い」とか、体感的にそういう風に言って発散するよう、実際に実技的なことをやらせますね。

思い切って声を出した後はすっきりして、また、言った自分もこんなこと言っちゃいけないなと思うし、言ったことによって「もうこれでおしまいにしよう」とか、自分の中でけじめが付くんです。

「難しいケースもありますか?」

修復って本当に難しいんです。幾ら私が神の手で修復させる能力があると言っても、がんと同じで末期症状なのを、本人の生きる気力や修復の努力なしに「岡野先生は修復のプロだって言うからお任せします」では出来ないじゃない。

大学受験だって「勉強教えるよ。でも受けるのはあなたでしょ。あなたが頑張ってくれなくちゃ、いくら良い家庭教師だって駄目よ」という話です。

そこのところは、本人をいかに諦めさせないでやる気にさせるかです。だけど本人がいかにやる気になったって、やる気が空回りだったらいけませんよね。相手が受け入れてくれなきゃいけないから、受け入れてくれるためには今までとは違った自分を出すとか、今まで悪かったところは直す。

そして、ただ直しただけじゃなくてプレゼンする。「こんなに良くなったのよ」って見せなかったら、ずっと誤解されたままになってしまいます。そこを色々な形で見せるんです。

それはもうお芝居と一緒で、観客を感動させて受け入れてもらうっていうことをさせるんです。そのためには主役が一人だったら感動はさせられないから脇役を固めるのです。そういうことをやるから、私のカウンセリングって単なるカウンセリングじゃないですよね。

例えば、ご主人のお母様と関係が良くなかったら、もう一度その関係を築くことをしたり、子供との関係を見たり、全体の中での関係を見たり、という感じです。それを通して、その人が最大限幸せになれる可能性の情景が浮かんでくるんですね

             

(次回につづく・・)

岡野あつこ(おかの あつこ)  夫婦問題研究家、NPO法人日本家族問題相談連盟理事長

■ 実践離婚カウンセラー養成講座

20年にわたり2万件以上の夫婦問題を解決してきた
岡野あつこのカウンセリング・ノウハウを学べる唯一のスクールです。

豊富な実例から築き上げたカウンセリング・ノウハウには、
弁護士・サイコセラピスト・精神科医・社会保険労務士・探偵社との連携も含まれます。
離婚件数が年間25万件を超え、2分に1組の割合で離婚が成立している今、
相談者の気持ちに寄り添い、心の傷を癒す本物のスペシャリストを目指してみませんか?

通学コース第10期東京校は11月開講予定。
無料説明会を下記の日程で行います。
9月26日・10月3日・9日・17日・22日・31日
フリーダイヤル0120-49-4122やホームページからお申込ください。

※その他、DVD通学スクール(全国)、通信スクールをご用意しております。
※離婚カウンセラーは夫婦問題解決のスペシャリストです。
 法律問題に応じることはできません。

<実践離婚カウンセラー養成講座のHP>
【実践離婚カウンセラー養成講座】
<岡野あつこ先生のHP>
【岡野あつこの修復相談、離婚相談】

インタビュアー:下平沙千代

下平沙千代

ワクワクセラピーで、好きなことを話しているうちに、希望が湧き上がり、
レイキでもっと元気になって、ショッピングや旅行にも行きたくなっちゃうような、
日本一やさしいワクワク介護タクシー開業準備中です。賛助会員募集中!

ワクワクセラピー ソーストレーナー、レイキヒーラー、導引養生功指導員、
ホームヘルパー2級、普通二種&大型一種免許取得
斉藤一人さんの全日本バンザイ連盟正会員
ブログ:『幸せを運ぶワクワクセラピー ソース』

インタビュアー:竹沢央保

竹沢央保

「思込解放カウンセラー」 または 「成幸の伝道師」
メールとスカイプを使ったカウンセリングをしています。
優しさと強さを兼ね備え、自分自身が幸せに生きることで、その波動で周りの
人も幸せにしていくという「上善は水の如し」的な生き方を目指しています。

趣味:音楽・映画鑑賞、ギター、読書、車、旅行
やってみたいこと:世界一周旅行
最近の興味:仏語、伊語、シャンソン・カンツォーネを歌うこと。
HP:メンタルサポートNow and then

インタビュアー:小野裕美子

小野裕美子

  『 Happy コンシェルジュ 』

あなたを、そして、あなたの大切な方を Happy! に します。

ブログ: ただいま、準備中!

インタビュアー:脇坂奈央子(わきさかなおこ 日本メンタルサービス研究所 所長)

脇坂奈央子

『道開きの心理士』 ……本来のあなたの道を開く、お手伝いをします。
ブライアン・ワイス博士直伝の、プロフェッショナル・ヒプノセラピスト。
前世療法・催眠療法を中心に、ニーズに応じた各種心理セラピーを施療。

心理士、認定THP心理相談員、統合心理セラピスト、心理カウンセラー、
米国NGH認定ヒプノセラピスト、認定キャリアコンサルタント、
代替療法セラピスト(レイキティーチャー)
HP:ワイス博士直伝の前世療法・催眠療法・心理療法★ラポール
発行メルマガ:こころの栄養@さぱりメント
 

  • 呼吸法の日本マイブレス協会
  • 毎朝1分 天才のヒント

インタビュー集

  • 毎朝1分天才のヒント メールマガジンで30日間の無料レッスン
  • さぱりメント あなたのお悩みをさっぱり解決