第36回目(2/4) 松本 久美子 先生 コンシェルジュ順子

社会に問題を感じた部分を、スクールで問いかけていく

インタビュー写真

「開業されて、最初はどんな風に集客されたのですか?」

インターネットのホームページだけです。最初は赤字ですよ。当時は、友達に「何が一番の望み」って聞かれて、「おかず、もう一品食べたい」って言っていたらしいです。ご飯とふりかけで暮らしていました。

半年かからない位で、ホームページの検索順位が上がってきて、食べられるようになりました。赤字じゃなくなって、生活が成り立つのに半年かかりました。そこからがすごかったですね。

「それはかなり早いように思いますが、何か特別な工夫をされましたか?」

SEOは自分でやりました。自分で検索のアルゴリズムを解読しました。コンピューターと自分の脳の勝負ですよね。どの検索エンジンがどうなっているか、ソースの中身から色々なものを調べて、統計を出していくんですよ。

「どのような相談分野を考えていましたか?」

ジャンルは考えていませんでした。男性、女性の区別もなく、すべてやれなきゃウソだと、来た人すべてを受け入れなくて、カウンセラーはできないと生意気にも思っていたんです。

「先生の所に来る方は、どのあたりを見て先生を選んでいらっしゃると思われますか?」

やはり自己開示がしっかりできているのがまず1つと、ホームページが結構、他と違うと思うんですよ。それで安心できるっていうところがあるのでしょうね。料金も安いんじゃないかと思います。

「今までで、特にご苦労なさったことはありますか?」

苦労はしたんでしょうけれど、あまり、苦労って分からないですね。開業してから、臨床に入ると、専門学校の勉強なんかでは全然足りないから、必死に勉強しましたよね。心理療法なんか歯が立たない。これが明白なので、かなり勉強しました。

特に医学の勉強を独学でやりました。あとは、友人に医者が多いので、本当に分からないところは「ごめん」て言って、聞きました。

「マーケティングや広告宣伝の勉強もされたのですか?」

もうその頃には検索順位が上がっていて、広告宣伝はホームページで成り立っていたので、ホームページをしっかり維持するということはやりましたね。

「特に力を入れてやられたことはおありですか?」

勉強のし直しですね、哲学もやりましたし、宗教学も学問としてやりました。

「それはカウンセリングに役立っていますか?」

役立っています。人間そのものを解く時に、心理学って範疇だけじゃないので…。心理学だけで人間が解けると思ったら、嘘だと思います。

その時に、積極的にアプローチして解らない所があったりしたら、例えば宗教学なら、僧侶の方に質問したり話を聞いたりしました。

インタビュー写真


「現在の先生の活動内容を教えていただけますか?」

カウンセリングルームと、日本インテグラル・カウンセリングスクールの2つです。日本インテグラル・カウンセリング協会というNPO法人を作っています。

「インテグラル・カウンセリングのインテグラルにはどういう思いが込められているのでしょうか?」

インテグラル・ジャパン代表の鈴木規夫先生に習ったインテグラル理論からです。現代社会から人間が垂直方向に成長していく様を教えていただき、感動しまして、人間成長という意図を込めて、「インテグラル」をいただきました。

「スクールを作られたのはどういうきっかけですか?」

カウンセリングルームを通してしか社会に関与できなくなると、視野が狭くなって視野狭窄になっちゃう。仕事が多忙になると、社会に関与する部分がおろそかになってくるんですよね。

それで、カウンセラーから見た社会に問題を感じた部分を問いかけていくためにスクールを始めました。資本主義ってボランティアでも金銭が要りますから、NPOを経営しながら、生産しながら、社会に関与して、何が社会に必要かって、訴えねばならない部分の核としてスクールをやりました。

カウンセリングルームをやっていると、社会の問題点が見えてきます。

子育て一つにしても、オギャーと生まれて言語が生まれた時に、自我ができます。自我が芽生えて、一番最初のコミュニケーションの関わりは養育者で、そこの基盤となるところで人格形成されます。そこの部分がすごく重要だなと見えてきました。

では、どうあれば良いのかが分かってきます。そうすると自ずと動きますよね。疑問を感じたことを社会に訴えていこうと思っています。カウンセリングルームをやって臨床をやれば、自ずと外に出て行くと思いますよ。社会に問いかけていくためにスクールを始めた訳です。

「スクールの講座の内容を教えていただけますか?」

初級講座は、一般の方も楽しめる講座です。12時間で3万円です。ここは、自分を知るとか、コミュニケーションを取るとか、本当の自分を知りながら、感情を表現していくという部分の講座です。

感情→思考→言葉になるのですけれど、こうあるべきだとか、こうでなければいけないとか、感情を潰して生きると苦しいので、自己表現ができなくなる。自己主張ができなくなる。欲求も分からなくなるという現象が起きるので、それを表現させるという目的です。

だから、一般の方も、「ちょっと自分は苦しいぞ」という方も受けてもらうと、少しずつ自信が付いたりするようなプログラムになっています。

中級講座は、カウンセラー養成の講座です。心理学概論と心理療法と来談者中心療法です。その中で、カウンセリングに役立つ授業をしています。

来談者中心療法は、友田不二男先生のお弟子さんに来てもらって、きっちりと正しい来談者中心療法を伝えています。専門学校で習った反省点を全部活かしてプログラムして、カウンセリングに密接に結びついた内容を教えています。

知識はもちろん必要ですけれどカウンセリングに役立ちませんよね。カウンセリングとは日常の言葉で、人間の日常の生きる様なのです。そのところをきちんと教えようということで、中級講座でカウンセラー資格を出すところをやります。

「上級講座はどういう内容ですか?」

上級講座は、死生学とアビダルマ心理学〜スピリチュアル・カウンセリング講座
そして傾聴カウンセラー養成講座(未開講)の三つです。

死の講座です。カウンセラーは考えることが必要なので、哲学が必要です。20世紀最後の哲学が、ジェンダーフリーならば、21世紀最初の哲学が死生学だと、私は思います。日本で哲学は根付かないんですけれど、生きるにあたって大事なものだと思っています。

元々心理療法は実存主義哲学から流れたものが多い、そこの基礎となる哲学の部分ですね。死ぬってことを考えた時、どう生きたいかが湧いてくる。今、現状に自殺者が多いので、有限なるものを捉えたかった。

グリーフワークは死生学でやった方が良いので、悲嘆療法も入っています。死生学の大学院を出た講師もいて、かなり濃密な上級講座をやっています。

アビダルマ心理学〜スピリチュアル・カウンセリング講座は、カウンセラーになる時、「世界で一番のカウンセラーはブッダとキリスト」と習いました。
そうしたらブッダを追求しますよね。ブッダの考察は苦悩からの解放です。
無我の境地には絶対なれないんですが、理論的には素晴らしい。

二千五〜六百年前に、「確実にこうなれれば苦悩から解放される」と説いたのが、現代心理学と一緒。マズローもウィルバーもブッダも人間の成長理論を説く時、至る所みんな一緒です。その中でアビダルマ心理学、哲学的なものを入れながら上級講座を作りました。

あとは、オプション講座と実学講座です。実学講座の方は、発達心理学からの子育てをやります。

「受講生さんは順調に集まっていますか?」

お陰さまで集まってきてくれています。まだまだ広めていきたいなと思います。
他に、カウンセラーのための「開業セミナー」を開いています。

                 

(次回につづく・・)

松本 久美子(まつもと くみこ)  「コンシェルジュ順子」室長

  日本代替医療協会心療カウンセラー
  開業セミナー講師
  NPO法人 日本インテグラル・カウンセリング協会 理事長
  日本インテグラル・カウンセリングスクール 理事長

●カウンセリングハウス Concierge順子

Concierge順子は、こころの救急車です。

私は「貴方の大切な人生の心の相談室でありたい。」

そう願いを込めて「Concierge」(フランス語でコンシェルジュ)
そして、19歳から35歳までのセカンドネーム順子から
「Concierge順子」というカウンセリングルームを始める事にしました。
是非、貴方が貴方らしく生きる事の心理カウンセリングの
お手伝いを させて下さい。

ようこそConcierge 順子へ。
カウンセリングルーム・・・東京・新宿区(神楽坂)


■スクールコース・メニュー

    ●初級講座
    ●中級講座
    ●上級講座
    ●実学講座
    ●オプション講座
    ●開業セミナー講座

<松本久美子先生のHP>
【カウンセリングハウス Concierge順子】
<日本インテグラル・カウンセリングスクールのHP>
【日本インテグラル・カウンセリングスクール】

インタビュアー:下平沙千代

下平沙千代

ワクワクセラピー☆ソースで、一緒にワクワクしましょう!
日本一やさしい介護タクシー開業準備中です。賛助会員募集中!

ワクワクセラピー ソーストレーナー、NLPセラピスト
レイキヒーラー、導引養生功指導員、成年後見人講座受講中
トラベルヘルパー、ホームヘルパー2級、女性タクシードライバー
ブログ:『幸せを運ぶワクワクセラピー ソース』

インタビュアー:竹沢央保

竹沢央保

「思込解放カウンセラー」 または 「成幸の伝道師」
メールとスカイプを使ったカウンセリングをしています。
優しさと強さを兼ね備え、自分自身が幸せに生きることで、その波動で周りの
人も幸せにしていくという「上善は水の如し」的な生き方を目指しています。

趣味:音楽・映画鑑賞、ギター、読書、車、旅行
やってみたいこと:世界一周旅行
最近の興味:仏語、伊語、シャンソン・カンツォーネを歌うこと。
HP:メンタルサポートNow and then

インタビュアー:脇坂奈央子(わきさかなおこ 日本メンタルサービス研究所 所長)

脇坂奈央子

『道開きの心理士』 ……本来のあなたの道を開く、お手伝いをします。
ブライアン・ワイス博士直伝の、プロフェッショナル・ヒプノセラピスト。
前世療法・催眠療法を中心に、ニーズに応じた各種心理セラピーを施療。

心理士、認定THP心理相談員、統合心理セラピスト、心理カウンセラー、
米国NGH認定ヒプノセラピスト、認定キャリアコンサルタント、
代替療法セラピスト(レイキティーチャー)
HP:ワイス博士直伝の前世療法・催眠療法・心理療法★ラポール
発行メルマガ:こころの栄養@さぱりメント
 

  • 呼吸法の日本マイブレス協会
  • 毎朝1分 天才のヒント

インタビュー集

  • 毎朝1分天才のヒント メールマガジンで30日間の無料レッスン
  • さぱりメント あなたのお悩みをさっぱり解決