第33回目(2/4) 秋田 稲美 先生 エ・ム・ズ ドリームマップ

やりたいことを「絵で見せてもらおう!」

インタビュー写真

「その後、パソコンのインストラクターになられるのですよね?」

家庭に入って、4〜5年はおとなしくしていたんですよ。子育てが楽しくて、夢に描いた専業主婦を満喫してやっていたんですけれど、4〜5年たった時に、社会に接したいなと思ったのです。

まずはアルバイトで何かできないかなと思っていたら、当時、Windows95が日本にやってきて、一大パソコンブームになったのですね。新聞を見ていたら、アシスタント募集があったので、全くパソコンできないんですけれど、「まあ、アシスタントならできるかな」と応募したのです。

「パソコンは、できなかったのですか?」

全くですよ。キーボードさわれないくらい。その辺が勇気があるところですよね。全くできないのに、アシスタントならできるかなって、何で思ったんでしょうね? そうしたら、やっぱり落とされたんです。入力テストとかがあって、キーボードさわれないですから(笑)。

「そっかぁ〜、そりゃそうだよね」って思いながらも、落とした派遣会社の人に、「何をしたら、採用してもらえますか?」って聞いたのです。「少なくても、このレベルまでなってもらわないとだめです」と言われて、それでパソコンを買いに行きました。

そもそも、パソコンを持ってなかったんですよ(笑)。今、思うと、本当におもしろいですよね。

パソコンを買ってきて、その人に言われたレベルまで自分ができるようになって、「できるようになりました」と言いに行ったら、採用してくれたんです。それで、アシスタントに入りました。

そのうち、先生と話す機会が出てきて、先生も結構主婦だったりするのですね。「先生になるにはどうしたらいいんですか?」って聞いたら、MicrosoftのOfficial Trainerっていう資格を取ると先生、つまりメイン講師の仕事がくるよと。じゃあ、それ取ろうと思って資格を取りました。

保険会社時代の最後に、自分が子どもを妊娠したりしたので、営業から教育センターという所に変えてもらって、これから保険を売っていく人たちに教育をする仕事をしばらくやったんですよね。

人前で話すことや教える経験はしていたので、メイン講師になったら、パソコンもすぐに教えられるようになったのです。しばらくするうちに、自分が>講師をするだけではなく、他の講師のまとめ役なんかもやっていましたね。

「起業するきっかけは、何かあったのですか?」

起業するきっかけは、ある大学から、「オープンカレッジっていうのをやりたい。パソコンの講座をやりたいから、何か組んでくれ」って言われたんですよね。「わかりました」って、一覧表を作って、カリキュラムを組んで、スケジュールを組んで、キャッチコピーやチラシを作ったのです。

「この講座とこの講座は、私ができるんだけれど、ここは空いてないから友達入れますね」という感じで、そこに仲間のフリーのインストラクター10人くらい名前を入れて、渡したんですよね。そうしたら「秋田さん、ここまでできるんだったら、会社にしてください」って言われたのです。

「大学としては、先生に個別でお給料を払ったり、スケジュール組むのは大変だから、法人にしてください。法人じゃないと契約ができないので」と言われて、「はぁ〜」っていう感じでした。

ダンナに「こんなこと言われた」って言ったら、ダンナもまた反応がおもしろくて「へ〜。いいじゃん」って。「1年目から黒字になって、借金しないでできる見通しがあるならいけるよね」そう言われて「そうなんだ」と思って。

インターネットで「会社設立」って検索して、意外に簡単にできそうだったので、「じゃあ、自分で会社作ります」って言って、自宅を本社登記して会社を作ったのです。

最初、売り上げで1000万円ぐらいの仕事をもらえると言われていたので、もちろんそこからみんなに仕事を出すから、そんなに残らないんですけれど、「まぁ、いいかな」と思って始めたのです。

そうしたら、ちょうどオープンカレッジブームみたいになって、最初にお手伝いした学校さんに問い合わせが入って「どうしてるんだ」、「うちは、エ・ム・ズってところに頼んでいる。良いよ」と言ってくれたのです。

それで、どんどん問い合わせが来るようになって、結局、創業1年目で、6000万円くらい売り上げが上がったのです。だんだん自分が現場に立てなくなって、鵜飼の鵜匠みたいにみんなにお願いしてやっていたら、売上げが6000万円くらい上がって、2年目は1億2000万円上がったんですよ。

もう忙しくてほとんど家から出られなくなって。でも、すごくよかったのは、先生たちはもちろんネットもできるし、大学で教える人なので人間的にできている方たちだし、その友達はすばらしい人がいっぱいいるんですよ。

その友達はみな友達だで、「誰か、友達呼んで」って言うとみんな呼んでくれて、そんな感じで、ものすごく順調に会社が立ち上がったんです。

もう3年目になると軌道に乗って、私がやっていた鵜飼の鵜匠の役は、他の人ができるようになっていて、自分の時間が空いたんですよね。それで、コーチングに入っていくんです。

インタビュー写真


「コーチングに興味をもたれたきっかけは?」

パソコンを教えている時に、「おもしろいなぁ〜」と思うことがあったのです。

一般市民に教えるから、おじいちゃんもいれば、現役の大学生もいるんですよ。子どももいれば、主婦もいる、バリバリのサラリーマンもいる、そういう、社会の縮図みたいな中で、同じ内容を教えるんですけれど、覚える速度が、いわゆる頭のよさと比例しないんですね、

ビジネスマンよりも主婦の方がすごく覚えたり、学生よりもおじいちゃんの方がすごく覚えたり。「何だ、これは?」って思ったのです。なぜだろうって考えた時に、「目的だ〜」と思ったんですよ。

目的がしっかりしている人は、やはり覚える。目的がないというか、親に言われたからとか、上司に言われたとか、そういう理由で来ている人っていうのは、もともと覚える気がないからどれだけ言っても覚えないんだなと。

でも、目的さえあれば、80歳のおじいちゃんでもどんどん覚えていく。目的なんだと思ったのです。そう思った時に、コーチングって目的を明確にして、そこに行くようにサポートする考え方だと聞いて、「そうだよね〜」って思ったのです。

「目的を明確に、ですね?」

そしてちょうどその時、テレビでコーチの仕事を特集でやっていたのです。アメリカで、主婦の人が自宅でコーチングをしていて、クライアントは会社の経営者で、ネットを使ってスカイプみたいにしてコーチングしているのが映ったのです。そして、経営者が毎月700ドル払っていると説明されたのです。

「話をするだけで、特にアドバイスをもらうわけでもないのに700ドル払うんだ!」と驚きました。経営者の方のインタビューがあって、「もう、これがない状態は絶対考えられない」と言ったのでさらに驚いて。「主婦が経営者のコーチングができて月700ドル! 何だ、その世界は」と。

二つの興味ですよね。「目的が大事なんだ」というコーチングに対する興味と、「それが仕事になるんだ」という興味です。その二つの興味でコーチングを勉強し始めて、今でもずっとお世話になっている村山幸則先生という師匠に出会ったのです。

私の師匠はどちらかというと組織コーチングの先生なので、組織をコーチングするとか、組織全体の目的意識をくっきりさせてそちらに向かわせるとか、そういうことが大事だとおっしゃっているのを聞いて、私もそうだなぁと思ったのです。「組織コーチングっておもしろいなぁ〜」と勉強し始めたのです。   

パソコンって技術を教えるテクニカルトレーニングなんですよね。でも、テクニカルトレーニングだけでは不十分だという限界を感じていた。何かないだろうかって探していました。これもまたタイミングでしたね、ご縁でコーチングに出会えたような気がします。

コーチングを教えるっていう、コーチング研修みたいなことの方が、おもしろいと思ったのです。みんな、部下育成に悩んでいたり、問題や課題を抱えていて、その人にコーチングの考え方を教えるとすごく喜んでくれるし、そういうマインドトレーニングの方が、テクニカルトレーニングより、やりがいがあると感じたのです。

それでもう、会社の事業内容をコーチングを教える会社に変えようと思ったのが、4年目ぐらいです。

ドリームマップに描いて実現した、2004年の著書『上司になったら覚える魔法のことば』が15万部売れて、それで一気に、コーチング研修の依頼も来るようになったのです。コーチング研修を事業の中心にして、今があるって感じですかね。

「そして、いよいよドリームマップに進まれるわけですね?

ドリームマップもまた、自然に生まれたんです。全部、自然に生まれるんですよね。

ドリームマップの生まれたいきさつは、ある仕事を請けたことからなのです。これから創業したいという人が集まる会があって、そこで講師をやってくれと頼まれたのです。商工会議所主催の「創業塾」です。

「創業塾」は私の専門でもないし、何で私に依頼が来たのかもわからないんですけれど、「あなた起業家だから」と言われて。そして「内容は自由でいいですが、ビジネスプランだけは書いてもらって、コメントしてください」と言われたんです。

せっかくのビジネスプランなんだから、講師の私だけではなくて、他の仲間にしっかり見てもらって、コメントも仲間からもらったら、みなさんのパワーが引き出せるように思ったんです。

ただ、心配事があって、文字だけが書かれている普通のビジネスプランって、その人のやりたいことが本当にきちんと伝わるのかなって、創業を力強くサポートできるのかなって心配だったんです。何か良い方法はないだろうかと考えて、「絵で見せてもらおう」とひらめいたんです。

「ここで絵が登場するのですね?」

やりたいことを絵にしたら誰が見てもわかりやすいだろうと思ったので、台紙を用意して絵で表現してもらいました。そうすると、すごくわかりやすかったんですよ。

「私の作りたいカフェはこういうカフェなんです」とか、「私のやりたいビル清掃は、女性たちがこうするんです」とか、その人のやりたいことが絵になるとすごくわかりやすくて、コメントも的を射たものがみなさんから出るようになったのです。

さらにおもしろいと思ったのは、50人が絵で自分のビジネスプランを発表したら、みんなが協力者になるんですね。誰かがカフェをオープンしたら、50人がこぞってそこに行くんですよ。

友達連れて行くから、立ち上がりのところがスムーズになったり、マスコミ関係の人がいて、「うちのここで紹介してあげるよ」って言ったりして、すごくつながって、地元の中日新聞の市民版に卒業生がどんどん出るようになったんですよ。

それで、「このやり方は正しかった」と思ったんですね。すごく好評だったので、別の商工会議所からも依頼がきたりで広がっていったのです。しばらくは、あちこちで「起業プランをドリームマップで」ということをやっていました。

ところが、何回かやっているうちにまた心配事が出てきたのです。本当にこれでいいのか?と心配に思うドリームマップがあったのです。

               

(次回につづく・・)

秋田 稲美(あきた いねみ)  株式会社 エ・ム・ズ 代表取締役社長

“しなやかに夢をはぐくむ研修を!”をモットーに掲げる株式会社エ・ム・ズの代表取締役社長。

“自分らしく輝く人が満ち溢れる社会”を創るために、“コーチング”と“リーダーシップ”を
専門とした人財開発研修講師として、ミドル層~トップ層のリーダーシップ研修を数多く担当する。

起業家として全国各地での講演活動のほか、若年層のキャリア教育にも注力している

< 最新イベント情報 >
■ アクティブ☆ドリマ フォーラム
  6/26(金)名古屋  7/16(木)東京
  http://www.emuzu.info/ad-forum/index.html
■ 第2回 メンター推進フォーラム
  8/8(土)東京
  http://www.emuzu.info/mentor-forum/

<秋田稲美先生のHP>

【女性活躍コンサルティングといえばエ・ム・ズ】

【世界へ未来へ・ドリームマップで笑顔をつなげる】

【心のスイッチをオンにする・ドリマ先生になろう!】

【夢をかなえて"なりたい自分"になる−タナダ式NLP】

<秋田稲美先生の著書>
cover
上司になったら覚える魔法のことば


cover
メンターに出会えば道は開ける


cover
ドリームマップ〜子どもの“生きる力”をはぐくむコーチング〜


cover
3年後なりたい自分になれるドリームマップ


cover
できる営業になる魔法のことば


cover
これから10年 女性社員を伸ばす者が勝つ


インタビュアー:下平沙千代

下平沙千代

ワクワクセラピーで、好きなことを話しているうちに、希望が湧き上がり、
レイキでもっと元気になって、ショッピングや旅行にも行きたくなっちゃうような、
日本一やさしいワクワク介護タクシー開業準備中です。賛助会員募集中!

ワクワクセラピー ソーストレーナー、レイキヒーラー、導引養生功指導員、
ホームヘルパー2級、普通二種&大型一種免許取得
斉藤一人さんの全日本バンザイ連盟正会員
ブログ:『幸せを運ぶワクワクセラピー ソース』

インタビュアー:小野裕美子

小野裕美子

  『 Happy コンシェルジュ 』

あなたを、そして、あなたの大切な方を Happy! に します。

ブログ: ただいま、準備中!

インタビュアー:脇坂奈央子(わきさかなおこ 日本メンタルサービス研究所 所長)

脇坂奈央子

『道開きの心理士』 ……本来のあなたの道を開く、お手伝いをします。
ブライアン・ワイス博士直伝の、プロフェッショナル・ヒプノセラピスト。
前世療法・催眠療法を中心に、ニーズに応じた各種心理セラピーを施療。

心理士、認定THP心理相談員、統合心理セラピスト、心理カウンセラー、
米国NGH認定ヒプノセラピスト、認定キャリアコンサルタント、
代替療法セラピスト(レイキティーチャー)
HP:ワイス博士直伝の前世療法・催眠療法・心理療法★ラポール
発行メルマガ:こころの栄養@さぱりメント
 

  • 呼吸法の日本マイブレス協会
  • 毎朝1分 天才のヒント

インタビュー集

  • 毎朝1分天才のヒント メールマガジンで30日間の無料レッスン
  • さぱりメント あなたのお悩みをさっぱり解決