第31回目(2/4) 上田 正敏 先生 フリースタイル

「ワクワクすることは全部やれ!」のインパクト

いよいよ「心の仕事」をスタートされる上田先生。まったくやったことのない集客、営業・・・。
奥様とふたりでのスタート、そしてソースとの出会い。
今回もワクワク感満載のインタビューとなりました。

インタビュー写真

「いよいよお仕事をスタートされるわけですね?」

そうですね。奥さんは既にスリーインワンの先生でしたから、二人でやっていければなと思っていました。

奥さんがセンターから独立して、上手くセラピストとしての仕事が軌道に乗って、その状況に自分がポンっと入れればいいなと幻想を抱いていました。

でも、うちの奥さんは、それはさせてくれませんでした。
ぬるま湯に浸からせてくれなかったんです。「あなたが頑張ってね!」みたいな感じでした。

今はそういう風にしてくれて感謝しているんですけれど、その当時は「なんでお前仕事しないんだ!」みたいに不満を感じていました。自分がこれから先、仕事を進めていく上での恐怖みたいなものを、奥さんに押し付けていました。

それで結局話し合って、二人で「ゼロから作っていこう」ということで、スタートしました。500万くらいあった貯金も勉強に投資していたので、会社を辞める時は10万とか20万しかなくて、もう「働くしかない」と…。

ビジネスのスキルはないし、お金もないし、人脈もないし、絵に描いたような面白い状態でのスタートです。

「集客はどういった形でされたのですか?」

ホームページを作りました。それを見てくれた人が、ポツポツと来てくださったりしました。あと代替医療系のメーリングリストで積極的に発言をしていたら、「じゃあうちでやってくれないか」って声を掛けてくれる人が現れたりしました。

あとはカウンセリングの勉強会みたいなところで「こういうのをやっているんですよ」って話をしたり、チラシを作って配ったりですね。

収入は低かったですけれど、食べてはいけましたね。何の不自由もなかった。
スリーインワンをやっていること自体が趣味みたいな感じで、遊んでいるんだか仕事しているんだかの境目がなかったですね。

「その後、ソースとの出会いがあるわけですよね?」

ソースはね、また少し戻るんですよ。出会いは会社員時代です。ソースの本が発売される前にその情報をインターネットの掲示板で知って発売と同時に買いました。

その中で一番心に残ったのが「ワクワクすることは全部やれ!」って言葉だったのです。
「全部やれ!」って書いてあることが、すごいインパクトだったんですよ。

そこで、「ああっ! スリーインワンをやろう!」と決めたのです。

さらに、欲しかったイタリアのトライアルのバイクも、80万くらいで高かったんですけれど「全部やれ!って書いてあるから全部やろう!」と思い買いました。興味があることを片っ端からやりました。

その後、初のワークショップがあったのですけれど、少しだけ迷ってから申し込みしたら「今日満員になりました」と言われたのです。一気にソースが嫌になって、「もうこんなのいい!」みたいになってしまって、「封印」しちゃったんです。

「ソースにどう戻ってこられたのですか?」

数年が経ちスリーインワンは好きだったので楽しかったんですけれど、少しマンネリというか、新しい刺激もなくなって行き詰っていたんです。スリーインワンもソースもやっている友人がうちのワークショップを受けに来てくれて、その時に話をしたんです。

「なんか今やる気が出なくて・・・」って話したら、友人から「それならソースのワークショップで受けてみたら?」とタイミング良く薦めてくれたのです。

それですごく盛り上がって。うちの奥さんはワークショップの初期の頃に受けているんですよ。当時は「良かったよ。」なんて言ってくれたのですが、かたくなに「もう行かない!」って意地を張っていたんです。

奥さんからも「まぁちゃん、やっぱりソースいいかもしれないね」と言われて、その気になったのです。

「ソースを受けられていかがでしたか?」

すごく面白くて! ワークショップの中でいろいろなワクワクすることを話してしていき、ワクワクのキーワードを探していったんです。そのひとつが「世話をされる」だったんですよ。

「世話をする」んじゃなくて「世話をされる」なんですよ。
小さい頃、一人っ子で母が病弱だったので親戚によく預けられたりして、みんなにとても可愛がられたというのがあったのです。

僕にとっては、それが当たり前だったんですけれど、祖父のお葬式の時に、皆が僕のことを気遣ってくれるのを見て、奥さんに「まぁちゃんって皆から可愛がられてるよね〜」と言われたのです。「ええっ?」と思いました。

当たり前だから全然気付かなかったんですけれど、こうやって「世話をされる」というワードが出てきて、自分で回想して「確かにそうだ」みたいに感じました。

こうやって、人から愛されるというか世話をされるというのが、僕にとっては満たされたり安らいだり、ワクワクなんだなと気付いたんですね。それが何につながったかと言うと、それまでは、うまくいかないことに対して「ひとりで頑張らなくてはいけない」と思っていたんですよね。

インタビュー写真


「ソースで自分に許可を与えられたわけですね?」

ええ。誰かから応援されたり助けてもらったりするということを禁止していた、ということにつながったのです。

だけど本当は世話をされたり、応援されたりするのが自分を満たしてくれるものだった。「応援されるのが好きなら、応援されたらもっと楽しくなるなぁ〜」って本当に思ったのです。

応援されることや助けてもらうことを拒絶して受け取らなかったことに、ソースで気付けて、そこを許可したら、面白いことにクライアントさんからの予約をたくさんいただいたり、ワークショップの依頼がいただけたり、何かが動き始めたんですよね。

ソースのワークショップの話で盛り上がった時に「トレーナーになるのもありだよね」っていうのがちょっと頭にあったんです。「やっぱりソース面白いなあ、ワクワクだからこれも全部やろう」って。

ネガティブな部分への対処というのは、ある意味自分の根っこを育てることだし、現実を見ることでもあるんだけれど、ワクワクするって夢みたいな部分だったりクリエイティブな情熱だったり、イメージが出てくるというポジティブな面と、その両方がないとバランスが取れないのだと感じたのです。

「ネガもポジもどっちも! 両方大事なのだ!」みたいな気持ちが、ムクムクムクっと出てきたのです。

「それで一気にトレーナーまで取られたのですか?」

はい。2004年の12月にワークショップを受けて、翌年の5月にトレーナーになりました。

トレーナー養成の時に、もう既にスリーインワンのトレーニングコースで教えたりしていたので「俺はもう出来るような気がするし、受講する意味あるのかな?」って天狗になっていたのですね。

そんなことを考えていたら「あれ?何か違うな。それは、いかん!」と気づいたのです。

せっかく養成講座の4日間を過ごすのに、つまらないなんて思っていたらだめだなって。あ、そうだ!勉強しようと思うからいけないんだ「100%楽しむこと」を試してみよう!と思ったんです。

そこで、「今のままだとちゃんと楽しむことを100%受け取れないから、それをテーマで扱おう」と、奥さんにセッションを頼んだんです。その中で「あっ! 自分が与えればいいんだ」って気づきました。

「養成講座をどんなふうに楽しまれたのですか?」

とにかく4日間を楽しむ! 積極的にシェアして、みんなとも友達になろう、と考えました。

でもみんな俺のこと知らないから・・・あ、そうだ!と思って、自主的に自己紹介シートを作って配ったりして、それが大うけでみんなワ〜ッと盛り上がりました。いろんなことを自分で音頭取って積極的にやったんです。

前半と後半で約一ヵ月間あったので「じゃあみんなでプレ講座みたいなのやろうよ」って集まったり、企画をしたり、いろんなことをやりました。

講座中も教わるとか教えるとかいう気持ちは全然なくて、「自分や周りを喜ばせるために何か出来ないか?」と、そういう目線で受けてみたら、すご〜く面白かったんです。

この時に、受講者からトレーナー目線に思いきり変わりましたね。
トレーナーの楽しさを知ったみたいなところがあるのかも知れません。

トレーナーになってワークショップを開催して、参加者の方もみんな楽しい人たちで、ずっと楽しい感覚がありました。でも本当の意味で「やっていける」って確信を持ったのは、10回を超えたくらいからですかね。


「それはどの辺りが違うのですか?」

「今まで学んできた講師の先生のやり方をマネする」感覚だったのが、「自分なりの工夫を入れたりして、自分らしく楽しんでやっていいんだ」というように変わったのです。

ソースは、特にトレーナーが楽しんでやっていないと、やはり参加者に気持ちが伝わらないですから。
「ワクワク」って言っているのに、自分が「ピリピリ」していたらダメですからね。

<

「ソースは簡単に説明すると、どんなものだと捉えていらっしゃいますか?」

人それぞれが持っている「ワクワク」という感情があるんです。それは人それぞれに違うものなんです。顔が違うように人それぞれ特有のワクワクを持っているんです。このワクワクという感情を通じて幸せの源泉を探していくのがソースです。

このワクワクは、人にとって心地良いものすべてがワクワクというように定義しています。

興奮するようなワクワクだけでなく、静かなワクワクをとても重要視しています。「ソース」は日本語で「源泉」という意味です。そして、幸せの源泉を人生のあらゆる分野で活用まで扱っています。

「好きなことをしている」と言っている人でも、それは人生のごく一部の分野だったりするんです。人間って多様性を持っていて、1人の人間の中にもいろんなワクワクがあるのです。そのワクワクを全部活用している人は、まだまだ少ないです。

家族もそうだし、仕事もそうだし、お金とか、あと個人としての自分もそうです。

友達関係とか自分が遊ぶことだったり、学ぶことだったり、社会貢献だったり、いろいろな分野に対してワクワクを活用出来る、そうすると本当に充実した人生を手に入れられるというのがソースですね。

本来自分が持っているワクワクを人生の全方向に活用して、バランスをとっていきます。

最初に「発見編」という意味合いのベーシックというワークショップがあります。ここでは、自分が本当にワクワクするという純粋な部分を探すのが目的です。

次に「活用編」と呼ばれるアドバンスというワークショップがあります。自分のワクワクする感覚を中心に何をすれば幸せを感じていくのかを探していきます。個人レベルのワクワクする活動を追及します。

次にワクワクという視点から理想のパートナーや理想の仕事を探していきます。そして、それを楽しみながら手に入れる方法も。個人のワクワクの影響範囲が1人から2人、さらに大勢の人との分かち合いまで広がっていきます。そこに幸せや充実感があるんです。

まず個人の幸せがあり、パートナーとの幸せがあり、そして社会に対しても自分の幸せなエネルギーを与えることが出来るようになるのが、ソースのワークショップの特徴だと僕は思っています。

(次回につづく・・)

ソースのお話をされる時の上田先生の瞳はキラキラ輝いて、ワクワクをたくさんプレゼントしてくださいました。
次回は、楽しんでばかりで自己成長につながるの? という部分から、さらにお話を伺いたいと思います。

上田 正敏(うえだ まさとし)  フリースタイル主宰
            米国スリーインワンコンセプツ社公認 コンサルタント・ファシリテーター
            米国スリーインワンコンセプツ社公認 上級インストラクター
            VOICE社公認 ソース・マスター・トレーナー

■ 〜人生は 想いのままに フリースタイル〜 ■

  わくわく楽しい人生を選びたい方を応援します!

フリースタイルでは、心と身体の問題を扱う個人セッションをしています。
ストレスを軽減することにより、本来持って生まれてきた力を取り戻します。
あなたの今を生きる情熱をもう一度湧き上がらせます。
その手法として スリーインワン、ワンブレインシステム を使っています。

体系的に感情のブロックを外すためのスリーインワン・トレーニングコースと
幸せに豊かに生きるためにソース・ワークショップを提供しています。

■コース・メニュー

 <ソース・ワークショップ>
  ●ベーシック・コース
  ●アドバンス・コース
  ●ワクワク相互支援実践会

 <スリーインワン・トレーニングコース>
  ●初級コース
  ●中級コース

 <個人コンサルテーション>
  ●スリーインワン個人セッション
  ●三大感情を癒して幸せに成功する個人セッション

<上田正敏先生のHP>
ソース〜ワクワクの源泉はあなたの中にある!

ストレス・マネージメント スリーインワン フリースタイル
<上田正敏先生のブログ>
7つの豊かさを分かち合う伝説のキャプテンが贈る自己成長セラピー
<上田正敏先生の無料メルマガ>
からだは何でも知っている〜自分の中に答えがある!
<「ソース」の入門書>
cover
ソース―あなたの人生の源はワクワクすることにある。

インタビュアー:カク タカユキ

カク タカユキ

若さと癒しの請負人

趣味:水泳・カラオケ(好きな楽曲)哀愁のカサブランカ・夜桜お七

国際シデスコ認定エステティシャン
日本エステティック協会正会員

HP:エステ&セラピー「サン・リバー」

インタビュアー:下平沙千代

下平沙千代

ワクワクセラピー☆ソースで、一緒にワクワクしましょう!
日本一やさしい介護タクシー開業準備中です。賛助会員募集中!

ワクワクセラピー ソーストレーナー、NLPセラピスト
レイキヒーラー、導引養生功指導員、成年後見人講座受講中
トラベルヘルパー、ホームヘルパー2級、女性タクシードライバー
ブログ:『幸せを運ぶワクワクセラピー ソース』

インタビュアー:竹沢央保

竹沢央保

「思込解放カウンセラー」 または 「成幸の伝道師」
メールとスカイプを使ったカウンセリングをしています。
優しさと強さを兼ね備え、自分自身が幸せに生きることで、その波動で周りの
人も幸せにしていくという「上善は水の如し」的な生き方を目指しています。

趣味:音楽・映画鑑賞、ギター、読書、車、旅行
やってみたいこと:世界一周旅行
最近の興味:仏語、伊語、シャンソン・カンツォーネを歌うこと。
HP:メンタルサポートNow and then

インタビュアー:山志多みずゑ

山志多みずゑ

「家庭をもっとラブラブにしよう!」をスローガンに
東京を中心に活動する ラテン系メンタルセラピストです。
あなたにしか出来ない/あなたにしか叶えられない/あなただから輝かせる
あなたの中にある「ワクワクの源泉」を見つけに行くナビとして
ソースワークショップを開催しています。
趣味:神輿、和服で外出
必ず叶える夢:イタリア移住 住む場所も決定済み(南イタリア ポジターノ)
最近興味を持っていること:「気」の奥深さについて
HP:Mental Therapy SWITCH

インタビュアー:脇坂奈央子(わきさかなおこ 日本メンタルサービス研究所 所長)

脇坂奈央子

『道開きの心理士』 ……本来のあなたの道を開く、お手伝いをします。
ブライアン・ワイス博士直伝の、プロフェッショナル・ヒプノセラピスト。
前世療法・催眠療法を中心に、ニーズに応じた各種心理セラピーを施療。

心理士、認定THP心理相談員、統合心理セラピスト、心理カウンセラー、
米国NGH認定ヒプノセラピスト、認定キャリアコンサルタント、
代替療法セラピスト(レイキティーチャー)
HP:ワイス博士直伝の前世療法・催眠療法・心理療法★ラポール
発行メルマガ:こころの栄養@さぱりメント
 

  • 呼吸法の日本マイブレス協会
  • 毎朝1分 天才のヒント

インタビュー集

  • 毎朝1分天才のヒント メールマガジンで30日間の無料レッスン
  • さぱりメント あなたのお悩みをさっぱり解決