第24回目(4/4)  安藤 房子先生 恋愛心理研究所

学び続けて、女性のライフスタイル全般のサポートを

インタビュー写真

「クライアントさんは、他のカウンセラーではなく、なぜ安藤先生のところに相談に来るのだと思いますか?」

8年前に“恋マガジンWomen’s Box”という恋愛メルマガを立ち上げたことが大きいと思います。

当時はまだメールマガジンが今ほど一般的ではなかったのですが、感度の高い方や、情報収集に熱心な方は、メールマガジンをたくさん読み始めていた時期です。そんな時期にこのメールマガジンを立ち上げ、これまで続けてきた中で、多くの相談者との出会いがありました。

また、自分と同じ分野のメールマガジンをインターネットで見つけたときには、お互いのメルマガを紹介しあう“相互広告”も頻繁にしていました。このようなことから、どんどんメールマガジンの読者が増えていき、問い合わせをくださる方も増えていったのです。

メールマガジンを出すのとともに、安藤房子の公式サイト“Heart Junction”を立ち上げたことも、いい結果を生んでくれたのだと思います。サイトではいつも私のプロフィールや活動状況、カウンセリングの概要などを明記しています。

ほぼ毎日欠かさずサイトの日記をアップすることのほか、メールマガジンに掲載したコラムや心理テストのテキストはすべてサイト上にアップするように努力しました。これは、いわゆるSEO対策のためです。

サイトを作ってそのままでは、グーグルやヤフーなどで誰かが「恋愛カウンセラー」などと検索をしても、私のサイトまで訪れてはくれませんよね? それではダメだと思ったんです。

世界中の「悩みを誰かに相談したい」と思っている人たちが、検索したらパッと私のサイトに来てくれたら……そういう思いで、プロのWebプロデューサーの方にお世話になりながら、大事に、大事に、サイトを育ててきました。

ときどき、自営業者の方でご自身のサイトを持っていない方もいらっしゃいますが、ぜひ作られることをお勧めしたいですね。メールマガジンやブログも大切ですが、やはり、その人の「家」のような存在であるサイトは必須です。

自分という人間がここにいるのだということを告知・宣伝することに時間とお金を投資していかないと、向こうから仕事はやってこないのではないでしょうか。

実際、インターネットから私の存在を知り、仕事を依頼してくださった方に「恋愛心理のサイトがたくさんある中で、なぜ私に依頼してくださったのですか?」と尋ねてみますと、「サイトを見たら、安藤さんという人間のプロフィールと実績の詳細がわかったので、安心して依頼できると思いました」と言ってくださる方がとても多いんです。

ちなみに、現在、私のサイトのページ数は約800ページほどありますが、これからも、訪れた方の役に立ち、楽しめるような無料閲覧コンテンツを増やしていきたいと思っており、売り上げの何割かはサイト構築に投資をしています。

「これからカウンセラーになりたい方、独立して間もない方にアドバイスをお願いします」

カウンセリングのスキルを磨き続けることはもちろんですが、それと同じくらい大切なのは、自分をどうブランディングし、どう世間にアピールしていくかだと思います。

世の中に心理カウンセラーはたくさんいますよね。その中で“私はこの分野に長けている”ということ積極的にアピールをすることで、仕事が自然と集まってくるようになるのです。

アピールの方法としては、周囲の人が「えっ」と思うような肩書きを付けて名刺を作るのもひとつの方法です。また、サイトを作るなど、宣伝・広告に時間やお金を使うこともおすすめです。そして、宣伝・広告したとおりの仕事をし続け、相談者との約束事を守り続けることです。

インタビュー写真


「恋愛心理研究所が求める人材はどのような人ですか?」

恋愛心理研究所では、常に人材を求めています。現在は、私が運営するサイトで提携カウンセラーとして活動してくださる方を募集しています。というのも、現在行っているカウンセリングとカラーセラピー、ファッションアドバイスの業務をより充実させていきたいからです。

カウンセラーの素養をお持ちの方がもしいらっしゃったら、ぜひメールにてお問い合わせいただけたらと思います。私が望むのは、誠実で素直でまじめで熱心な方。技術よりもそちらが大事です。

恋愛カウンセリングだけではなく、女性のライフスタイル全般に関わる方であればいいです。できれば、何度かその方とお話させていただいて決めたいですね。

今後は、より女性の外見と内面のケアに役立つサイトを目指していますので、カウンセラー以外にも、弁護士さん、行政書士さん、ファイナンシャル・プランナーさん、スタイリスト、ヘアメイクアップ・アーティスト、食や美容の専門家……さまざまな分野のプロの方とお仕事をご一緒できたらとも考えています。

「これから先のお仕事の展開をお聞かせいただけますか?」

おかげさまで仕事が順調ですので、この調子で仕事を続けられたらいいなと思っています。一方、私自分がどんどん進化しなければ、皆さんにご満足いただけるようなカウンセリングや執筆ができないだろうと思います。ですから、自身が、学び続けなければいけないと思っています。

その学びの一つとして、先月から「食育アドバイザー」という資格取得の通信講座を受けています。資格が欲しいわけではなく、食と人の心の関わりを深く学びたいという思いが強いのです。

というのも、私がカウンセリングしている相談者の場合、悩みが深ければ深いほど食生活が乱れているような気がするからなんです。

自分の過去の生活を振り返っても、ジャンクフードに偏りすぎた食生活をしていたときにはアレルギーが起きたり、月に3回生理が来たり、体もおかしくなったと同時に、心がかなりすさんでいたような気がします。

また、私は2007年にはカラーセラピストの資格を取得し、カラーセラピストとしても活動しているのですが、“食べ物の色と心理”についても、とても興味を持っているので、自分なりに研究と分析をすすめていきたいと考えているのです。

例えば、色彩心理学的には、「青いお皿にお料理を盛り付けると食欲が減退する」と言われているのですが、そのほかにも、“食べ物の色と心理”の関わりが非常に深いような気がしています。

そんなことからも、これから食についておおいに学び、今後のカウンセリングに生かしていきたいと考えています。

「カラーセラピスト資格は具体的にどのように生かしていますか?」

私のサイトのカウンセリングページから、カラーセラピーも申し込んでいただけるようになっています。

いわゆる通常のカウンセリングにカラーセラピーを取り入れた方法のほうがいいという方の場合にはその方法をとらせていただく場合もありますし、相談者のメイクやファッションアドバイスの一環としてカラーセラピー的要素を取り入れるケースもあります。

雑誌の恋愛特集やラジオ・TV番組でも、カラーセラピー的な観点から心理分析をしてコメントすることもあります。

カラーセラピーを学んだことで、自分の引き出しが増えたような気がしています。相談者へのアプローチの方法が増えてきた気がしますし、カウンセリング後に相談者からお礼のメールをいただくことが増えてきました。

「5年後、10年後にはどんなことをされていらっしゃいますか?」

私はカウンセラーという職業が無くなるのが一番良い世の中だと思っています。みんなが、自分で悩みを解決できたり、身近に相談できる相手がいたりするのが、いちばんしあわせな状況だと思うのです。

そういう世の中になり、私の恋愛心理研究所への相談件数が減っていくのなら、こんなに喜ばしいことはありません。

しかしながら、逆に相談件数は年々増えているような状況です。また、うつ病や統合失調症など、深刻な悩みをお持ちの方が増えています。これは、今の時代の閉塞感と無関係ではないと思うのです。

そんな中、私にできるのは、今まで以上に、多くの方の心がホッとするようなカウンセリングを提供していくことだと考えているんです。

しかし、一人の力というのは小さいもの。一人ではできないことでも、何人か集まることで成し得ることがあるのではないかと思うようになり、周囲の方々とのコラボレーション事業を増やしています。

その一環として、2年ほど前から、私のサイトでカウンセリングをしてくださる提携カウンセラーの方に登録してもらうようにしました。今後も、徐々に登録カウンセラーの人を増やして行きたいです。

これまでは恋愛心理研究所として活動をしていますが、恋愛の延長線にはさまざまな生活が待っていますよね。結婚、妊娠、出産、不妊、不倫、介護、熟年離婚、再就職……。このようなさまざまなお悩みによりお応えしていけるような仕組みを作っていきたいと思っています。

また、恋愛にはさまざまな形があります。たとえば、「性同一性障害」で悩む方もいれば、相手が異性でも同性でも恋愛対象として見ることができるという人もいます。

このような、それぞれの恋愛の悩みにお答えしていけるような活動もしていきたいと思っています。女性が生きていく中で直面するどんな悩みも安心して相談できる場所を作り、悩む方たちがホッとするようなコンテンツを作り続けていけたらと思っています。

<編集後記>

安藤先生はフリーライター時代に、数々のインタビューをなさっています。
「有名人・著名人と言われる人をインタビューするときにはとても緊張する、無名な人には緊張しないという自分のスタンスに気付いてショックを受けた。有名でも無名でも人は誰でも(自分も含めて)同じくらい素晴しい人であるはず」
という言葉の通り、誰にでも思いやりがあり、謙虚で、向学心がおありの方でした。

その自然体から紡ぎ出される言葉には「癒し」のオーラがいっぱいで、悩み多き女性たちが集まってくる理由が本当に良くわかりました。

今後も「恋愛」に限定することなく「女性支援」をテーマにご自身も成長を続け、私たち女性のリーダー的な存在となってくださるのだと感じました。

安藤 房子(あんどう ふさこ) 恋愛心理研究所所長

恋愛カウンセラー・カラーセラピスト・作家。 恋愛心理サイト「Heart Junction 」主宰。

20代で離婚を経験後に、NPO法人ウインク など、多数の民間団体で心理学を学び、日本初の恋愛カウンセラーとして独立。その後センセーションカラーセラピーの講座を修了し、カラーセラピストの資格取得。

オリジナルの“ハッピー恋愛の法則”をとりいれたアドバイス型カウンセリングは、10代から年配者まで幅広い層から支持を得ており、過去ののべ相談数は15,000件以上に上る。

最近では恋愛相談にとどまらず、育児・転職・嫁姑問題・熟年離婚など、さまざまな相談にアドバイスする“しあわせナビゲーター”としても活動中。

「Heart Junction」 恋愛心理研究所 安藤房子のオフィシャルサイト
http://www.heart-junction.com/
<安藤 房子先生の著書>
cover
LOVE NOTE 90日間で恋愛体質になる書きこみBOOK



cover
リサイクル・セックス



cover
恋に効く魔法の言葉 心がくじけそうになったときに読む本―愛される法則

インタビュアー:朝比奈 凛香

朝比奈凛香

セミナー講師。コーチング・コミュニケーション・プレゼンテーション・ビジネスマナーなどのセミナーを提供している。ラシャンス代表。


あなたの「素敵」引き出します :
http://ameblo.jp/lachance/

  • 呼吸法の日本マイブレス協会
  • 毎朝1分 天才のヒント

インタビュー集

  • 毎朝1分天才のヒント メールマガジンで30日間の無料レッスン
  • さぱりメント あなたのお悩みをさっぱり解決