第15回目(4/4)  原 栄子 先生  エンジェルフィート

触れてあげて育った子は、人に愛情を注ぐことができる

インタビュー写真

「先生ご自身の今後のビジョンはおありですか?」

「ベビーマッサージ」を広めたいと考えております。
ベビーマッサージを広める事により、青少年の問題、イジメ、自殺、虐待などを改善したいと考えています。

ベビーマッサージの受講生に、ドメスティックバイオレンスのシェルターで働いている方がいらしたのですが、子供をなんとか救いたいと思って習いに来ていました。赤ちゃんにマッサージをしたり、抱きしめてあげたりして、子どもの心を回復させようと頑張っているのです。

「ベビーマッサージ協会」のホームページで活動を公開しておりますので、ぜひご覧になってくださいね。

「ベビーマッサージを始めたきっかけは?」

ベビーマッサージは4年前から始めました。

私共のスクールの生徒さんが近くの病院で出産なさって、「赤ちゃんも大人と同じようにマッサージしていいですか」と聞かれることがありました。すぐには答えることができなくて、助産師会に電話をしたり産婦人科の先生に伺ったり、いろいろ調べました。

そして、たどり着いたのがイギリスのベビーマッサージの開祖ピーター・ウォーカー氏でした。

彼は理学療法士で、ダウン症などの障害を持った子の回復を手掛けていましたが、彼の実践してきた方法で、健常な子の発達も促すベビーマッサージのセミナーを開いていたのです。それを知り、すぐにイギリスへ行って受講しました。

「ベビーマッサージの理念のようなものはありますか?」

日本では「三つ子の魂百まで」と言われておりますが、欧米でも3歳までの五感の発達は、生涯を通しても著しいと言われております。ピーター・ウォーカーは、五感の中でも特に「触れるということが大切」と言っています。

『子供の「脳」は肌にある』という本もありますが、いかに触る刺激が大事かということなのです。「かわいいね」って触ってあげて、撫でてあげて育った子は、やはり人に愛情を注ぐことをしています。

ところが問題を起こして施設に入ってしまった子に「どうしてそんな悪いことしたの」と質問すると、「お母さんに自分の話を聞いてもらいたかった」、「お前なんかいなければ良かったと言われた」等。とても辛い体験をしています。

一言でいえば「青少年の健全な育成」を目的と致しております。明日を担う子供たちが大きくなって、イジメや自殺・虐待などが起こらないような社会を私は望んでいます。ベビーマッサージはそのための1つの方法と考えております。

「原先生がベビーマッサージを広めたいと思われたきっかけは?」

昨今の殺人事件や人を襲う理由が、「誰でも良かった」「幸せそうにしている人が憎たらしい」等ということを耳にします。

怖い事ですね。このような、心無い人たちを増やさないように、最初の段階からきちんと関わる事の大切さをお伝えする事ができればと考えております。

全国の産婦人科の先生が集まる会に出席させて頂きました。今のお母さんはミルクをあげ、オムツも替えるけど、赤ちゃんに触れる事をあまりしないとお聞きしました。

「ベビーマッサージが良いとか悪いとかを論じる前に、赤ちゃんに触って、撫でてあげる機会が増えるのだったら良い事ですね」、とお医者様がおっしゃるくらいに、お母さんは赤ちゃんを撫でてあげていないようです。

赤ちゃんを見つめて、話しかけ、キスをして、撫でてあげてほしいです。

インタビュー写真


「ベビーマッサージの受講生の方にはどんなことを望んでいらっしゃいますか?」

現在、私共、ベビーマッサージ協会の認定ティーチャーが全国で300人になりました。皆様がそれぞれに「触れる事の大切さを」広めてくれる事を願っております。

病院で赤ちゃんを産むとお風呂の入れ方を教える時に、ベビーマッサージも教えていただければと考えております。

「これからベビーマッサージはどういう展開を予定されていますか?」

今年からベビーマッサージの講座は年3回致します。
ベビーマッサージはだいたい歩き出す1歳前後まで致します。それ以上の年齢になると実質的には赤ちゃんがじっとしていないので、ベビーマッサージができづらくなります。

1歳ぐらいからのお子様に適した、キッズヨガプログラムというのがあり、そのコースを今回初めて開催致しました。股関節を柔軟にして、背骨を強くし、地面にしっかり立つ等の発育を促しながす運動をお母さん、お父さんと一緒にします。

このキッズヨガの中で、特に『動物園へ行こう』というプログラムはとても楽しいです。

「ベビーマッサージで開業を考えている人にアドバイスはありますか?」

ベビーのマッサージだけでは施術する時間は、約15分です。
ベビーマッサージにプラスして、お母様の産後のエアロビクスやヨガ、シェイプアップのためのストレッチを組み合わせ、何か趣味的な事をプラスαすることをお勧めしています。

ベビーマッサージの後に、スクラッピングという、写真を使ったクラフトをかわいい赤ちゃんの写真でなさるかたもいらっしゃり、好評とのことです。

育児の悩みの御相談を受け、子育てが楽しくなるようなお母様同士の茶話会もお勧めしています。

「リフレクソロジーで独立を考えている人に一言お願いします」

現在はネイルサロン、エステ、整体マッサージと色々なところで行われております。
ご自身のサロンが何かお客様にとって魅力的なことをプラスαできたらよいと思います。

「最後にセラピストやカウンセラーとして独立する方に一言お願いします」

カウンセラーやセラピストは本当に必要だと思います。
ここ3、4年前から内科だったところが心療内科になっていたりするのをよく見かけます。そして、患者さんがいっぱいのようです。

ドクターも必要だと思うのですが、医薬品だけではなくて、きちっと話を聞いてしっかりサポートしてくれる人も必要だと考えます。

カウンセラーはとても重大な役目で、心が元気でない方を受け止めて元気にしてあげてほしいです。
きちんと学習をする事と、社会経験の両方が必要だと考えます。頑張ってほしいです。

原 栄子  リフレクソロジーサロン「エンジェルフィート」(東京都港区)
       ベビーマッサージ協会代表

英国式リフレクソロジーサロン「エンジェルフィート」は、広尾駅近くにある癒しの空間です。
医師の監修のもとに考案された独自の「メディカル・リフレクソロジー」を提供しており、確かな技術で、皆さまにご満足いただけることをモットーとしています。
リーズナブルにリフレクソロジーを試してみたい方のためのプチコース、時間を忘れて至福の時を過ごしたいという方のための、ワンランク上のフルコースなど、いろいろなコースをご用意しています。
お散歩がてら、当サロンのリフレクソロジーとハーブティーで、心も体もリラックス&リフレッシュしませんか?お気軽にお立ち寄りください。

ベビーマッサージは、ピーターウォーカーの提唱した「発達を促すマッサージ」です。
赤ちゃんの誕生の疲れを癒し、母と子のふれあいによって、丈夫な身体と豊かな感性をもたらします。
ベビーマッサージ協会は、親子の「信頼」と「安心感」を育てる最高の方法を、皆様にお届けいたします。
ベビーマッサージによって、赤ちゃんとのふれあいをつくり、母親にとっても育児のストレスや不安を解消し心にゆとりが生まれ、楽しみながら育児することができます。

ホームページ エンジェルフィート
http://www.angel-feet.com/
ホームページ ベビーマッサージ協会
http://www.babymassage.jp/

インタビュアー:奥原 菜月

奥原菜月

フリーライター、占い&カウンセラー(奥原朱麗)として活動中。
夫と子供2人、犬1匹で横浜に生息中。

占い・カウンセリング・開運などをメインにしたブログ
『占いカウンセラー朱麗のまったり開運日記』

HP:アストロ・ハーティ「朱麗の占いカウンセリングルーム」

インタビュアー:脇坂奈央子(わきさかなおこ 日本メンタルサービス研究所 所長)

脇坂奈央子

『道開きの心理士』 ……本来のあなたの道を開く、お手伝いをします。
ブライアン・ワイス博士直伝の、プロフェッショナル・ヒプノセラピスト。
前世療法・催眠療法を中心に、ニーズに応じた各種心理セラピーを施療。

心理士、認定THP心理相談員、統合心理セラピスト、心理カウンセラー、
米国NGH認定ヒプノセラピスト、認定キャリアコンサルタント、
代替療法セラピスト(レイキティーチャー)
HP:ワイス博士直伝の前世療法・催眠療法・心理療法★ラポール
発行メルマガ:こころの栄養@さぱりメント
 

  • 呼吸法の日本マイブレス協会
  • 毎朝1分 天才のヒント

インタビュー集

  • 毎朝1分天才のヒント メールマガジンで30日間の無料レッスン
  • さぱりメント あなたのお悩みをさっぱり解決