第12回目(3/4)  浮世 満理子 先生  アイディア ヒューマン サポート サービス

カウンセラー自身の人生や仕事にも敬意を払うこと

インタビュー写真

「浮世先生はカウンセラーになるという夢を実現されていらっしゃいますが、夢を実現させるコツがあれば教えてください。」

スクールのメンタルトレーニングプログラムでは夢を実現する方法はたくさんあるのですが、ここではとても大切なことを一つだけ。

夢を実現するのは何のため?

自分が幸せになるためですよね。

自分がこころから幸せになると決める。まずそこからがスタートです。

そして本気で自分を幸せにしてあげたいと、こころから強く思う。そうすると夢を実現する気持ちが真剣に自分の中から沸きあがってきます。

具体的に何をしたいのか、どんなことをやっていきたいのかは、私たちのメンタルトレーニング的にひとつひとつゴールから逆算して、今の自分をしっかり創っていく、そういったことを実現していけばいいと思います。

私はこんなイメージトレーニングをみなさんに提供しています。

夢を実現している何年か後のあなたがいます。
そのあなたはキラキラと輝きながら、楽しそうに過ごしています。
そのあなたがタイムマシーンに乗って今あなたの目の前に現れました。

「今すぐ・・・・をしてください。」
未来のあなたは今のあなたに向かってこう言いました。
さぁ、将来のあなたが今のあなたになんて言いましたか?

ちょっとしたイメージトレーニングですが、ぜひやってみてください。
それが今、あなたにとって大切な夢を叶える方法です。

「先生が経営されているアイ・ディアヒューマンサポートサービスでは、何を提供されているのですか?」

まずは、様々な分野への個人、グループカウンセリングを行っています。

次にスクール事業の取り組みがあります。
私達は一般の方が、もっと身近に心理学や薬の知識を持ち、自分の体を慈しむ方法を知ってもらいたいという思いがあります。

カウンセリング・コーチング・アニマルセラピー等の分野に興味がある方対して、初心者の方からプロを目指している方まで幅広く学べるよう、様々なプログラムをご用意しています。

我が社では、薬や法律の知識もあり、様々なネットワークを上手に使いながら、目の前の人と向き合うことができるような、メンタル面において総合的なサポートができるカウンセラーの育成を目指しています。

御蔵島でのネイチャーセッションでは、山や海イルカと触れ合う体験が出来ますし、年に一度ツアーを組んでアメリカに学びに行きます。

そこは私のネットワークをフルに活用させてもらうので、病院の中も見せてもらえますし、ドクターからケースカンファレンス(症例検討会)も受けられます。

学校に行けばスクールカウンセラーのシェア(意見交換)なども体験できるので、一人で行くよりは、より深く、実践的に学べる場を提供できると思います。

最後に企業の方達にむけての取り組みをお話しします。
今、企業ではコミュニケーション不足が問題となっています。そういった中で社員が発するSOSのサインに、素早く対応できる関係作りといったものを提案していきます。

10年前に私達が通信販売の「千趣会」という会社で作ったリラクセーションルームは、その後も多くの方が見学に来られました。

また、現在、企業では「メンタルヘルス」という心のケアをするスペースを設け、産業医やカウンセラーを配置・委託する所が増えてきました。

けれど、クライアント(相談者)がそこを訪れる頃には、鬱と診断され、半年間休職し、そのまま退職していくというケースが多く、その機能が充分生かされていない事が多いのも事実です。

我が社では、様々な企業でのメンタルケアの研修や月に1回、法人向けのメンタルプログラムの交流会も行っています。

私は企業の方に対しては、カウンセラーという立場よりも、「何かお役に立てることはありますか?」「今お困りの事は何ですか?」というところから入っていき、自分達がお役に立てるあらゆるサービスを考え、そして提供しています。

それはクリエイティブな仕事なのです。

現在はありがたい事に、企業、学習塾、大学等様々な所から依頼が来ます。

その他本の出版、雑誌への記事掲載、テレビの出演等の活動も行っています。

「最初はどのようにして会社経営の成長の流れを作られたのですか?」

「成功する秘訣は何ですか?」とよく聞かれるのですけど、大切なのは自分の理念のあり方だと思っています。

よく「浮世は凄いネットワークがあるからとか、凄い人と知り合いがいたからうまくいった。」と思われているようですが、

もともとは、私は大阪下町に生れた普通のサラリーマンの娘だし、親がお金を持っていたわけでもネットワークを持っていたわけでもないのです。

でも、私と会った人が「こういう人がいるんだ。で、あの人は何の仕事してたんだっけ?・・・確か、カウンセラーって言っていたな・・・」というふうに思い出していただけるよう努力します。

カウンセラーという職業が知られていない頃からカウンセラーとしてやっていく為には、私と会って「元気になった」、「凄く良かった」と思っていただけないと生きていけないわけです。

例えば、営業の方に研修をする前は、その営業の現場に実際に入ってみます。若くて経験が少ない頃はなおさら、わざと一番暑い日や寒い日を選んで同じ体験をさせてもらい、アドバイスできる事をみつけていったりもしました。

私が20代の頃は、カウンセリングとは程遠いようなお話でも、来た仕事は絶対に断らないで、何でもやりました。その積み重ねが今とても役立っているように思います。

今は、「自分がカウンセラーをやりたいからやる」という人がたくさんいらっしゃいます。勿論、最初の志としてはとても大切です。

しかし、ビジネスとしてやっていくには、「私はこういう世の中を作りたいと思っている。私はこういう活動がしたいと思っている。こういうことに意味があると思っている。」という考え方を明確にし、それにみんなが賛同してくれるようにならないと、活動は成り立たないと思います。

「私はカウンリングをしたいので仕事を下さい」と言えば仕事をくれるわけではないのです。

自分のあり方とか理念とか、何の為にカウンセラーをやっているのか、そこで一生をかけて何を作りたいのか、という事を明確にする事が大切だと思います。

カウンセラーである限り、1年に1回位はそういう事を自分に問いかけ、その答えを忘れないでいて欲しいと思います。

インタビュー写真


「うまくいく人とうまくいかない人の差は、どんなところにありますか?」

私達の会社と、いいネットワークを作ってくださる方達というのは、「人がイキイキ生きる」とか、「人の命に対して敬意を払う」とか、そういう(本当は誰もが持っていると思うのですが)思いに共鳴してくださる方達です。

言われてみれば当たり前の事ですけど、そういった事が、今の職場の中で声に出して語られるかと言うと、ほとんどないのです。

たとえ、そういう思いがあったとしても眠っているわけです。だから、そのあたりを私が言葉にしてお伝えします。「私はこういうものを一緒に作りたいと思っていますけどいかがでしょう?」というふうに。

するとその人の心にもともとあったものが目覚めて、「ああ、そうだ。自分はこういう事をやりたかったんだ。じゃあ、浮世の所でやろう」と思ってくださるのです。

私は成功したと言えるかどうかまだわかりませんし、大儲けしているわけでもありません。ただ私は「理念と本気さ」でここまでやってきました。

私の周りを見ていると、ピュアな思い(私は自分の中で「ピュアちゃん」と呼んでいます)を守り続けるタフさがない人が多い気がします。

みんな「ピュアちゃん」を持っているのですけど、すぐ栄養失調になったり貧乏性に負けたりします。

「ピュアちゃん」は繊細で弱いから、それをちゃんと守ってあげないとすぐに隠れてしまいます。そんな「ピュアちゃん」を私の中では殺さずに育ててきたし、これからも育てていきたいというのが、カウンセラーをやり続ける理由でしょうね。

「カウンセラーを続ける理由について、少し詳しく説明していただいてもいいでしょうか?」

よくカウンセラーになるにはどうやればいいですか、何をすればいいですか?と『やり方』を聞かれることがあります。

ところが私は、まず自分がカウンセラーとしてどんな自分でありたいのかが重要だと思っています。『あり方』をしっかりと決める事によって、今何をするべきか、何を学ぶべきか見えてくると思うのです。

ここで私がお伝えしたいのはカウンセラーとしてのあり方というよりも、プロとしてのあり方です。

カウンセリングというのは、アマチュア的な感覚でやっているベテランの方もとても多い分野です。

私は皆に、キャリアがない新人でもいいのでプロとして活動してほしいと言っています。仕事としてやっていきたい方はなおさらです。

プロとしてやっていくという意味は、たとえば全力を尽くすとか、約束を破らないとかいうことです。そして、何よりも大事なのはアマチュアというのは自分のやりたいことをやりますが、プロは相手が必要としている事をやるということです。

私はカウンセリングが、どんな企業であれ、個人のカウンセリングであれお金をいただける仕事として、ちゃんと成り立つものだと思っていますし、それが達成できなければ、日本でカウンセリングの文化は定着しないと思っています。

私はプロフェッショナルトレーニングやケースカンファレンスということをしっかりとして進めてやっていますが、これも単にカウンセラーとしてというだけでなくて、プロとしてあなたが活躍していく上で大切なあり方が形に表れる一つなのではないかと思います。

プロとしてのあり方というのはまだまだ語ることはたくさんありますので、興味のある方はぜひ一度私たちアイ・ディアに来ていただけたらと思っています。

「スタッフの方が皆そろって暖かい雰囲気でとても素敵なのですが、組織としての統率を取りながら、柔らかい雰囲気を維持するコツや心がけていることはありますか?」

基本的にスタッフとは理念で結ばれています。単なるお金で働いている人は一人もいません。お互いが自分の自己実現のためにやっているのです。

私は入社の時と毎年年の初めには必ず「あなたの夢は何?」と聞きます。そして、スタッフには『あなたの夢がアイ・ディアの夢』といつも言っています。「その代わり、アイ・ディアの夢もあなたの人生の夢にしてね」と。

お互いが夢を持ち込み、そして夢を叶えるためにみんなでめいっぱい頑張る。他の人の夢もまた私たちが支えていく。

理想だと言われるかもしれませんが、わたしはカウンセラーのチームくらいこういった理想の組織を目指して、頑張っていかないとダメだと思っています。

理念で働く私たちこころの専門家が、単なる諸条件やお金でだけで雇われてはあまりにも情けないと思っています。

そしてその理想を前進させるタフな行動をとれるのがプロです。素の自分は弱くてもプロとしての自分は強い。これが大切です。

もちろん日々いろんなことをやっていたらストレスや自分を癒す必要のあることはでてきます。この仕事をしていなくても、経営者でなくても同じだと思います。癒しの方法について私は専門家ですからあらゆるものをもっています(笑)。

まず定期的にカウンセリングを受けること。私の専属カウンセラーはニューヨークにいるメアリーという女性なのですが、問題があってもなくても年間に何回かはカウンセリングを受けに行きます。これが私はいいカウンセラーの利用の仕方だと思っています。

そして日常的なことについてはセキセイインコのピーちゃんから足ツボマッサージまで、こころや身体の疲れを癒すさまざまなグッズをありとあらゆる形で試しています。

この心理状態の時にはここへ、こういう状態になったらこういうところへ、きれいな夜景から美味しいお料理までありとあらゆる自分を癒し承認する場所は、どんな人にとっても人間である限り必要になっています。

もちろん私たちが開催する野生のイルカと泳ぐイルカセラピーのツアーや一泊二日のネイチャーカウンセリングなど、人間以外が癒してくれる大きなものはきっとたくさんあると思っています。私もそういうところにセラピーとしてちゃんと出かけています。

私が現場で一番大切にすることは人間そのものに敬意を払うことですが、それは、自身のケアを行うことがその人自身、そのカウンセラー自身の人生や仕事にも敬意を払うことにつながると思うからです。

組織としての統一というのは縦のルールですよね。これは誰が決定権をもち誰が責任を取るかという責任の役割分担ではとても大切なので、私たちのスタッフはそういったことはしっかりと区切られるようになっています。

その上で自分の人生に敬意を払う。実際には責任感と柔らかい雰囲気なんていうのは全然反するものではないのです。 そのキーワードとしては仕事に敬意を払うということに他ならないと思っています。

(次回につづく・・)

浮世 満理子  株式会社 アイディア ヒューマン サポート サービス
          (大阪市北区、東京都渋谷区)

自分らしさを大切にしながら好きなことをして働きたい。誰もが願うその気持ちをアイ・ディアは「わがまま」とは思いません。

私自身、OL時代自律神経失調症で身体をこわし、誰にも助けてもらえず、単身アメリカで学び始めたカウンセリングやメンタルトレーニング。アメリカには大学などの研究機関だけでなく、身近にあるカウンセリングセンターの中でもっと気軽に身近によりそってくれる専門家がいました。そこで活躍していたカウンセラーたちは、みんな現場でどんどん実践を積み
イキイキと輝いていました。こんな場所が日本にもほしい。
日本ではまだ少ない民間のカウンセリングセンター「アイ・ディアカウンセリングセンター」はそうして私たちの願いを込めて誕生しました。だから、私は、働くカウンセラーの地位を守るため、あえて法人団体(株式会社)のスタンスを守りつづけます。「カウンセラーってボランティアでしょ。」といわれる日本の文化を少しでも変えていきたいとおもっているからです。
子育ての中の女性は子供を連れて、一人暮らしの人は、家にひとりぼっちにさせられないパートナードックをつれて、介護をしながらみんな懸命に今日もアイ・ディアで働いています。
カウンセラーとして、メンタルトレーナーとして私たちのこういう姿勢が、お越しになるみなさまに、「カウンセラーって年を重ねるごとにいい仕事ができる」「出産、子育て、介護はハンデでなくメリットなんだ」と自分を信じ将来を信じてがんばっていただけるきっかけになればと願っています。

今度はあなただけのonly oneのライフスタイルを見つけにぜひ アイ・ディアにお越しください。


<事業概要>

 ・カウンセリング事業
 ・スクール事業
 ・海外事業
 ・啓蒙活動

ホームページ アイ・ディアヒューマンサポートサービス
http://www.idear.co.jp/
<浮世先生の著書>
cover
「心がつかれた人」のためにあなたができること


cover
成功と目標達成のための実践的思考法―浮世式メンタルトレーニング入門


cover
こ・こ・ろカウンセラー浮世満理子の日々―自分の、人のこころに触れたい人へ



・・他、多数あります。

インタビュアー:長谷川 碧

「ソース」トレーナー。目標を努力と根性で実現してきたのが「ソース」に出会って一変!現在、情報サイト「なるにわ情報局」で自分らしく生きるヒントを発信している。

なるにわ情報局 :http://www.naruniwa.info/

インタビュアー:中澤敬子

中澤敬子

カウンセリングを学び、嫌いだった自分の事が好きになれた。
同じような悩みを持つ方が元気になるお手伝いができればと
自宅にカウンセリングルームを作る。小6と小3の2児の母。
今後は自分の夢に向かってチョイワルママをエンジョイする予定。

けいたんの カウンセリングマインド :http://home1.netpalace.jp/imag/top.cgi

インタビュアー:土志田直美

土志田直美

バランス活性療法師、健康管理一般指導員、
アロマセラピスト。
PFIジャパンカインドネスリンク母の会横浜緑区支部長。
身体と心を健康にするために地域密着で活動。

まゆな自然療法院 :http://www.tsuiteru.com/sh/mayuna

  • 呼吸法の日本マイブレス協会
  • 毎朝1分 天才のヒント

インタビュー集

  • 毎朝1分天才のヒント メールマガジンで30日間の無料レッスン
  • さぱりメント あなたのお悩みをさっぱり解決