第1回目(3/4)  佐々川 咲菜 先生  T'sイメージアップ&メンタルスタジオ

どうして他の人ではなく、私を選ばれたのですか?

インタビュー写真

「独立された当初の様子はいかがでしたか?」

その前に在籍していた離婚カウンセラーの会社の名前は絶大なる力を持っていました。ホームページがあり、その会社の名前があるだけで、クライアントの方は来られたのです。

独立してもこれでいけるかと思ったらとんでもない間違いでした。
その会社名を下げたと同時に閑古鳥でした。

クライアントさんがほとんど来なくなりましたね。その中で、とにかく何かやろうと思い、セミナーをはじめました。心理カウンセラーの勉強をちょうど終えたところだったので、3つのセミナーを作りました

「3つのセミナーとは、どのような内容でしょうか?」

一つはパートナーシップといって、ご主人や恋人など、パートナーとの関係をうまくやっていくためのセミナー。二つ目は子育てのセミナー。三つ目はリレーションシップという、自分と周りの人との関係を上手にやっていくための自己啓発のセミナーです。

といっても、セミナーにしてもカウンセリングにしても友達にパンフレットを配るのです。自宅で手芸の教室とかをやっているようなお友達に、「お願いだからちょっと誰かに配って」ということで・・。

でも誰も来ないのですよ。
結局カウンセリングをうけるということに非常に抵抗感があるようです。

知り合いの人の知り合いというと、どこかから相談が洩れるのではないかと思われるようですね。そういうこともすごくよくわかりました

「何がきっかけで、その状況を打開されたのですか?」

たまたま、それも次男の同級生のお母様なのですが、若いお母様で、その当時まだ下に幼稚園生がいたのです。

「子育てセミナーをしているので、もしよかったらどう?」と声をかけたところ、お友達に話してみますということになり、すぐパンフレットを配布していただきました。

あっという間に10人くらい集まったのです。

それで初めてセミナーを開催したのですが、それが非常に好評で、その後もどんどんセミナーを受けてくださったのです。

その後、その方々からのご紹介も広がっていきました。また、ホームページも完成し、ホームページからのクライアントさんもカウンセリングに来られるようになってきたのです。

さらに、日本ネットカウンセリング連絡会で発行している初級者〜上級者向けの各ワークなどで仕事として成り立たせていくための勉強をし、HPをリニューアルしたり、有料コンテンツを作成する講座を受けながら、男性向けコンテンツを作成したりといろいろやりながら、少しずつ仕事として成り立っていくようになりました。

カウンセリングを仕事としてやっていくには、スキルアップだけでなく、こういう勉強もとても大切ですね。そのためには、日本ネットカウンセリング連絡会のように支援をしてくださるところを上手に活用されるといいと思います。私もまだまだですので、これからもお世話になっていくつもりです。

「ホームページを見てこられる方も結構おられるのですか?」

カウンセリングは、お医者様経由で来るか、ホームページから来られるかのどちらかですね。

ホームページはヤフーの登録サイトになってからかなり来てくださる方が増えました。

ヤフーの登録サイトはビジネスエクスプレスを使っていますが、最近は効果が落ちました。去年の秋くらいから人気順にかわってからです。

やはりネットの世界だけに頼っていると、広告料とのいたちごっこになります。人と人とのつながりの世界で何か考えなければいけないと思っています。

NPO法人を持っているコンサルティング会社の女性社長さんがおられるのですが、NPO法人の在宅ワーカーさんのHPに1ページ分を使って、女性社長おすすめのスペシャリストカウンセラーとして紹介してくださっていたりします。

信頼関係が大事な仕事なので、そういったところにもいろいろとアンテナを張って人脈を広げていくことも必要だと思っています。

「メールカウンセリングと対面でのカウンセリングの割合は?」

対面がほとんどですね。実施している場所は、基本的に自宅です。

「佐々川先生のカウンセリング分野についてお伺いしたいのですが。」


先ほどのNPO法人から、あるときアンケート調査をするので、一緒にアンケートをとりたい人がいたらどうぞという連絡がきたのです。

低価格で実施してもらえて、何百人にもアンケートをとってくれるというのです。

それもターゲットが主婦層だったのです。願ってもないことだと思い、

「今までカウンセリング受けてみたいと思ったことがありますか?」
「行ってみたいけれど行ったことがないという方は、なぜ行かないのですか?」
「カウンセリングを受けるとしたらどういうジャンルのことを相談してみたいですか?」
「どうだったら行きたいと思いますか」などいくつかの質問をしたのです。

それで返ってきたアンケートの答えから、今では夫婦問題だけに特化するのではなくて、子育ての問題にも対応しますし、かなりフレキシブルに対応をしています。

「夫婦問題の中ではどういった相談内容が多いですか?」

女性の年代によりますね。

若い方は、セックスレスとか、子供を欲しいとどちらかが思っているのに相手が全然その気がないというのが比較的多いです。

その次が子育てにからむ問題です。子育てが大変なときに、夫が全く理解を示さないなど。

お互いがお互いをわかろうとしない。そうしているうちにどうしてもいさかいが多くなり、夫の浮気などの外での遊びが始まったりするのです。そういうパターンが多いですね。

浮気にいかなくても、どんどんいさかいが増えて、夫は理想の奥さん像を一生懸命言うし、それに対応できない奥さんが、精神的身体的に具合が悪くなってしまうなど。

あとは結婚年数が経っていて、価値観の違いがもうどうにもならない、我慢の限界、「お互いに欲しているものが違うのだから離婚しよう。」とかですね。

昔、私が離婚相談所にいたときは、8割がた浮気問題でしたが、今は、特別な問題はないのだけれど、お互いがわかりあえないという相談が多いですね。

インタビュー写真


「佐々川先生のカウンセリングは、どのような形で進められるのでしょう?」

HPを見たという方は、まず電話をかけてこられます。メールでも申し込めるようになっているのですが、メールでの申し込みは少ないですね。メールでくる方は、「メール相談」という形で申し込んでこられます。

私という人間が、どんな人かよくわからないというのがあるのではないでしょうか。

HPだけではいくら顔写真が出ていてもよくわからないですしね。電話で話してみれば少しはわかるのではないかということでしょう。

電話では、最初簡単に「どんなことで悩んでいらっしゃるのですか?」ということを聞きます。

私は、夫婦とか子育てとか人間関係広く全般を行っているのですが、やはり自分の中で得意分野というのがどうしてもありますので、あまりにも私には不得意な内容については最初からお断りをしています。

「こういうシステムでやっています。」あとはもちろん希望曜日・時間帯を聞いて、「それでしたらいつごろ予約できますよ」という形でご説明します。

ホームページにも出ていますが、値段を確認して、「よろしかったらどうぞ」という形でご案内しています。

大体こられる方は即決です。
「考えてみます」「考えてもう一度電話します」と言う場合は、来られない場合が多いですね。

「具体的には、どのようなカウンセリングをされておられるのですか?」

まず1回目は何をご相談したいのかということをお聞きします。それだけで1時間ほど話されますね。

次に「どうしていきたいのか」ということをお聞きしますが、「どうしていきたいかがわからない」という方が結構多くおられます。

特に離婚したいという方がそうです。「離婚したほうがいいのかもしれないけれど、本当にしてしまっていいのか?」とか、「子供のことも考えると・・・」など。

ベストの回答を聞きに来る人が多いですね。

「こうしたらいいと教えて欲しいということですか?」

はい。特に離婚問題に関してはそういう方が多いですね。

しかし、私が決めることではないので、もう少し考えましょうという形で、2回目以降になっていきます。特に離婚で悩んでいる方のカウンセリングは、問題や背景が複雑だったりするので、長くなることがありますね。

「人によって回数も違うと思いますが、普通はどれくらいの回数を受けて終了しますか?」

私のところに来る方のほとんどは、まずうつ状態になっておられます。

最初のうちは、今どうしてこうなってしまったのかということで、流れを整理して受け止めて共感していくようなやりとりをかなり長く続けるのです。

場合によっては1回2回ではありません。そうしていると、たいていの方はエネルギーがあがってくるのがわかるのです。

それからやっと、クライアントさんの本当に望んでいることが出てきます。

そして、本当に離婚していったほうがいいのか、それともしない方向で、ご自分にできることはなんなのか。こちらからその方法を提案し、それをやる気があるのかなどを考えていただきます。そこからはコーチングになっていきます。

どんな問題がおきても、自分でコントロールできるようになり「もう大丈夫!」という自信がつくまで通っていらっしゃいますので、人によっては1年近く通われる方もいらっしゃいますが、1〜3ヶ月くらいの方も多いです。

「世の中にはたくさんのカウンセラーがおられますが、その中でもなぜお客様は佐々川先生を選ばれるのでしょう?」

「どうしてこの星の数ほどあるホームページの中から私を選んでくださったのでしょう?」とホームページを見てきてくださる方にはよくお聞きするのですが、一番多いのは、「親しみやすかった」と言われることですね。

ホームページの雰囲気だとか、実際にきて話してみたら、話しやすかったとか。

「料金については、どのような考えをお持ちですか?」

1時間5000円で行っています。これはかなり安いほうだと思います。

カウンセリングを受けられた方からは、選んだのは料金が安かったからという意見も多いです。主婦の方の場合、あまり料金が高いと敷居が高くなると思うので、私は値上げせずにやっています。

「佐々川先生はブログやミクシー(mixi)で日記を書かれていますが、そういうところからも親しみを感じてこられる方もあるのではないでしょうか?」

そうですね。ミクシーの日記やホームページにブログがあるので、どういう人が書いているのかがなんとなく見えるのではないでしょうか?ブログを見ましたという方は多いですね。それは一つのきっかけになるのかもしれません。

また、いらっしゃった方の中で、大手のところでカウンセリングを受けたという方がおられました。

大手のところにはカウンセラーが何人もいて、「好きな人を選んでください」と言われるのですが、誰を選んだらいいのかもわからないし、1回カウンセリングを受けて、そのカウンセラーと合わない場合、また次の人にゼロから話すのかと思うと、うんざりしましたというようなことを言われていました。

なので、ずっと一人のカウンセラーで、その方のことを全部把握しており、前回の続きからというふうにできることは小さな相談所の強みだと思います。

「カウンセリングの方法について考えておられることはありますか?」

これから始められる方のためになると思うのですが、私は「やれることからやっちゃえ!」というタイプなのですよ。

最初出来ることというのはほんとうに小さいのです。もしかしたら今の自分の10分の1や20分の1だったかもしれません。

だから以前に来てくださった方には本当に申し訳ない思いもあります。でもやらなければ絶対にそれ以上にはなっていかなかったと思うのです。ここまでできるようになってから始めようと思っていたら、おそらく一生できないだろうと思うのです。

カウンセリングの手法も現在と以前の頃と比べると、刻々と変化し続けています。もしかしたら1ヶ月前と今日も違うかもしれないのです。

この業界というのは、本などでもわかるように、例えば2年前出ていた本と今出ている本は違いますよね。同じ人でも言っている事が変わっていたり・・。それくらい発展途上なのです。

大昔の心理学もあれば、本当に最新の手法もあります。私は、どうせやるなら最新の手法を取り入れていきたいと考えています。

                 

(次回につづく・・)

T'sイメージアップ&メンタルスタジオ  (神奈川県川崎市、東京都千代田区)

信頼のおける、経験豊かなカウンセラーをそろえ、 皆さんに安心して通っていただけるような完全予約制の対面相談と ご事情で通っていただくことのできない方のためのメールでのご相談も承っています。

■Webサイト
http://www.ts-studio.org/
■佐々川咲菜の日記的エッセイ"心のビタミン"
http://blog.goo.ne.jp/ts-studio
■貴方の結婚したいを叶えるプログラム
「今度こそ女心をつかむコツ」

イメージコンサルタントと心理カウンセラーの両方の立場から、
貴方の外見も中身も誰にも負けない男性になっていただくためのワークです。
http://www.ts-studio.org/formen.html
 

T'sイメージアップ&メンタルスタジオ

 

インタビュアー:近藤睦

近藤睦

大学を卒業後、警察官に。その後製造業を経験し、現在俳優として活動中。俳優としての詳しいプロフィールはこちら

俳優として、インタビュアーとして、講演者として、モデルとして、
いろんな活動で今、動いています。よかったら応援してくださいね!

  • 呼吸法の日本マイブレス協会
  • 毎朝1分 天才のヒント

インタビュー集

  • 毎朝1分天才のヒント メールマガジンで30日間の無料レッスン
  • さぱりメント あなたのお悩みをさっぱり解決